ショットの種類 ドライブショット

バドミントンのドライブショット|打ち方・練習方法やコツを解説

投稿日:

閃くビジネスマン

 

バドミントンのドライブショット(ドライブ)は、球速が速い攻撃的なショットに分類されます。よくドライブの悩みで多いのが次の3つです。

  • ネットにひっかかってしまう
  • 打ったシャトルが浮いてしまい、攻め込まれてしまう
  • ドライブで打ち負けることが多い

これらの問題の原因は、多くの場合ラケットを振り遅れてしまっていることにある。今回はドライブの打ち方や練習方法についてお話ししていきます。

 

 

バドミントンのドライブショットの打ち方

 

バドミントンのドライブはネットの高さスレスレを通って、床と並行に飛んでいくショットです。

ダブルスの試合で多用されることが多いですが、シングルスでもダブルスのロングサービスライン辺りを狙って打つことで相手を左右に揺さぶることができるショットになります。

 

まずドライブを打つときのラケットの持ち方(グリップの握り方)のポイントですが、フォアサイドはイースタングリップ、バックサイドはサムアップグリップで持つようにしましょう。

 

参考:バドミントンでドライブを打つときのラケットの持ち方のポイント

頭を抱えて悩む男性
バドミントンでドライブを打つときのラケットの持ち方のポイント

  バドミントンでドライブを打つときのラケットの持ち方=グリップの握り方に悩む人は多いです。しかし、ある程度の実力になるとバックハンドで広範囲がカバーできるようになります。   ド ...

続きを見る

 

またドライブを打つときにサムアップグリップであれば、イースタングリップよりも広い範囲をカバーすることが可能。イースタングリップかサムアップグリップで打つべきか迷ったときはサムアップグリップで打ち返す習慣をつけましょう。

特に体の近くへ飛んできたショットはサムアップグリップのほうが対応しやすい。

そのため、最初のうちはサムアップグリップに限定してドライブショットを打ち合う練習をしてもいいでしょう。

 

それでもフォアサイド・バックサイドでグリップの持ち替えは可能な限りしたほうがいい。なぜならラケットの面の向きを変えやすいからだ。

実際にラケットを持って振ってみると分かると思うのですが、たとえばフォアサイドをサムアップグリップで対応しようとしたとき手首の可動域が狭まっていることを感じることができるでしょう。

反対にバックサイドをイースタングリップで処理しようとするのは、手首の動きからして不可能。例外としてラウンドショットがありますが、基本的には難しいと覚えておきましょう。

参考

バドミントンでドライブを打つときフォア・バックと持ち替えをするべきか

バドミントンでドライブを打つときフォア・バックと持ち替えをするべきか

  バドミントンでドライブと言えば、ドライブショットのことです。シャトルの軌道はネットの白い線ギリギリを通過して地面と平行に飛んでくるので、フォアハンドで対応すべきかバックハンドで対応すべき ...

続きを見る

 

バドミントンでラウンドの意味はラウンドザヘッドストロークのこと

バドミントンでラウンドの意味はラウンドザヘッドストロークのこと

  バドミントンでのラウンドという言葉の意味は、ラウンドザヘッドストロークのことをさす。教材によってはラウンド・ザ・ヘッドストロークと間に「・」を入れている場合もありますが、同じ意味です。 ...

続きを見る

 

グリップの持ち方について理解出来たら、次はスイングについて練習していきましょう。いきなりシャトルを打って練習するのはオススメしません。正しいフォームが身についていない状態ではラリーが続かず、効果的な練習にならないからです。

 

まずは素振りをしてフォームを覚えることから始めましょう。素振りのステップではラケット面の出し方を意識すること。スイングのときにラケット面が斜めになっていると、真っ直ぐシャトルが飛びません。

ラケットを振るときにしっかりとラケット面を見るようにしましょう。またフォアサイド・バックサイドどちらもコンパクトに振ることを意識すること。

初心者は速いショットを打とうとして力いっぱい腕を振ってしまいます。特に肩を引いて後方へ大きく振りかぶってしまうと、ラケットが視界から消えることになるので空振りする可能性も上がります。

 

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





未経験顧問が初心者

ドライブを打つときのポイントはテイクバックを小さくし、インパクトの瞬間(ラケットがシャトルに当たるとき)に手首のスナップを使ってシャトルにスピードをつけること。

 

またドライブはエースショット(決め球)になることはほとんどありません。そのため次のショットに備えて構える必要がある。

打ったあとのフォロースルーはコンパクトにまとめて、すぐにラケットを上げるようにしましょう。

 

ドライブは上半身の動きだけで打つショットではありません。試合中はコートの中を動き回ることになるので、当然ドライブも動いてから打つのが基本。

スムーズに動いて打つためには、足の裏全体を床に着けていてはダメです。踵(カカト)を浮かせてつま先立ちの状態で、次のショットに備えます。また腕や手だけで打つのではなく、足を前や横に出すなどの動作も必要。

 

参考:バドミントンでドライブを速く強く返したいなら肘を意識しよう

バドミントンでドライブを速く強く返したいなら肘を意識しよう

  バドミントンでドライブを強く速く返すメリットは、スマッシュへのリターンで攻撃的ショットを打てることにある。   そもそもドライブとは地面と平行に打つショットで、主にダブルスの試 ...

続きを見る

 

バドミントンのドライブ練習方法

ショットの練習はまずノック練習から始めるべきだ。大きくコートの中を動いて打つとなると難易度があがり、課題が見えてきません。

ノック練習はフォアサイドとバックサイドに分けて行うようにしましょう。ドライブで大事なのはシャトルのコース。相手サイドのダブルス・ロングサービスラインにシャトルが落下するのを目標にして打つといいです。ここではスマッシュのように勢いあるショットを打つというよりは、狙った場所にシャトルを飛ばすことを目標とします。

 

一言アドバイス
目標とする位置に箱を置いて練習すると目的意識が上がり、箱にシャトルが狙い通り入れば練習の達成感も上がるでしょう。

 

最初はシャトルをノッカーが手投げで、ドライブショットの精度を上げる(狙った場所へ打てるようになる)ことを目的に行いましょう。思ったコースへ打てるようになってきたら、ノッカーはネットを挟んで、ロングハイサービスのような高い球出しを行います。

プレーヤーはスマッシュを打って、ノッカーはそれをドライブでレシーブします。プレーヤーはドライブで打ち返すようにしましょう。

 

ドライブを打っても浮かずに狙ったところへ打てるようになってきたら、より試合に近い形式で練習をしましょう。

1対2でドライブだけでの打ち合いをすれば、ラリーが途切れないので効果的な練習となります。フォア・バックの両サイドに相手がいるので、プレーヤーは打ったらすぐにラケットを上げなければならない。

球種もドライブショットに限定することなく、甘いショットになればどちらからでもスマッシュやプッシュで決めていいルールを設けて練習すれば、試合に近くなり練習としての効果が大きくなります。

 

 

バドミントンのドライブについてまとめ

 

バドミントンのドライブの打ち方は、ラケット面をしっかりと打ちたい方向に出すことが大切。

特にドライブはシャトルが大きく浮いてしまえば、攻め込まれて一気に自分が不利な展開になってしまいます。飛んできた場所によって、グリップの持ち替えをして適切に処理をすることも重要です。

 

ダブルスで活躍したいと思っているならドライブショットはしっかりと練習しておくこと。大振りになってしまうとシャトルが浮いたり、ネットにひっかかってしまうことになります。また振り遅れて打ったシャトルが高く浮いてしまうことになるでしょう。

 

ドライブのコツはコンパクトにラケットを振ること。また身体の前でシャトルをしっかりと打ち返すことでコントロール性も上がるでしょう。

 

上達したいなら焦らず、素振りから見直してノック練習を経てから試合形式に近いパターン練習へステップアップすることをオススメします。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

 


バドミントンランキング

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-ショットの種類, ドライブショット

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.