ショットの種類 ヘアピンショット

バドミントンのヘアピンの種類は?浮くことがないクロスへの返し方!

2018年9月7日

 

バドミントンのヘアピンショットの種類には、何種類かある。そもそも「ヘアピン」という名称がついた由来は、女性の髪留めであるヘアピンにシャトルの軌道が似ていたから。

 

しかし、英語ではヘアピンよりもネットと呼ばれることが一般的です。

 

そして、誰が言い始めたか定かではありませんが「ネットを制する者がバドミントンを制す!」とも言われるぐらいバドミントンでは重要なショットのひとつがヘアピン。

 

今回はヘアピンの種類やヘアピンショットの狙いについて解説していきます。

 

 

本記事参考教材:バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

 

バドミントンのヘアピンの種類

バドミントンのヘアピンの種類には主に下記の3種類。上から順番にショットの説明と、そのショットの効果や狙いなどについて解説をしていきます。

 

  • ヘアピン
  • クロスネット
  • スピンネット・スピンヘアピン

 

ヘアピン

ヘアピンの基本は、相手がネット際に落としたショットを相手にネット際へとリターン(返す)ショットである。

 

一言アドバイス
狙うコースは理想を言うとネット際のすれすれですが、初心者の選手は最初のうちの目安として、最低でもサービスラインよりネット側に落とすことを目標としましょう。

 

なお、ヘアピンは高くなったり、ネットより高く浮いた打球になると相手に打ち込まれる危険性が高いため注意が必要。

 

参考:バドミントンのヘアピンショットの正しい打ち方・返し方

 

クロスネット

 

フォアサイドから相手バックサイドへ、もしくはバックサイドから相手フォアサイドへリターンするショットをクロスネットと言う。

 

クロスネットでリターンするときに注意したいポイントが3つあります。

 

1つめはリターンした後に、視線でシャトルを追わないということ。目でシャトルを追ってしまうと、相手にクロスへ打ったことがバレバレとなってしまい、フェイント効果も狙うクロスネットとしての意味を失います。

 

2つめは、タイミング。これは、シャトルの落下点に素早く入り「溜め」の時間を作ることによって相手に自分がどのショットを打つか相手選手へ分からなくさせるという意味です。加えて言えば、相手が完全にストレートのヘアピンを打ってくると思っているタイミングでクロスネットを打つと効果的。

 

3つめは高い打点でシャトルを捉えることです。これは、クロスネットの打ち方がほぼ真横に打つような感覚となるため、打点が低いと自分がネットにひっかけてしまいやすいからというのが理由。最初のうちは、素早くシャトルの落下点に入れて相手の動きを見る余裕があるときにクロスネットを打つようにしましょう。

 

一言アドバイス
浮かないヘアピンを打つコツは、余裕をもってシャトルの落下点に移動することである。

 

反対に、自分がネット際で苦しい体勢となったシチュエーションで、ロビングショットを繰り出せない場合にクロスネットを使って、シャトルの滞空時間を稼ぐという高等テクニックも存在します。

 

シャトルの滞空時間が長くなれば自分の体勢を立て直せるので、クロスネットに自信がついてきたら試合中に使用してみましょう。

バドミントン上達の秘訣を公開!!

◎東京オリンピック2020の代表候補を指導するコーチが監修!

◎プロの指導者がどのように教えてるか公開!

今やっている練習が実力につながっているか不安なら必見です!下記の画像を今スグにタップしましょう!!

>>>>>日本代表コーチが教える練習方法を知りたいならココをタップ!<<<<<



この極意について評判が知りたい方は、下記の記事を読んでみてくださいね。
バドミントン・シングルス バドミントンナショナルチーム(A代表)コーチ中西洋介 監修
【桃田賢斗の指導者】バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意【中西洋介コーチ監修】

  この教材の最大の魅力は国内のトップ選手と同じ練習メニューが分かることと、その練習の意義がしっかりと学べる点。 普段の練習では言われた通り、またはいつもと同じ流れで同じ練習メニューをただな ...

続きを見る

 

スピンネット・スピンヘアピン

スピンネット・スピンヘアピンはシャトルに意図的に回転をかけて相手コートへ落下していくシャトルの軌道を不規則にすることによって相手はリターンのコントロールが難しくなります。

 

スピンネットをうまく打てたら、相手からのリターンは甘いロブか同じスピンネット、もしくはストレートのヘアピンが想定できる。このようなリターンがきたら確実に決め球(エースショット)へとつなげたいですね。

 

このことから、スピンネットは高い攻撃力を持ったショットであると言える。ただし、かなりの高等テクニックとなるので初心者のうちからスピンネットを打てるように練習することはオススメできません。

 

参考:バドミントンのヘアピンでスピンをかける!シャトルに回転をかけてネットを制す

 

一言アドバイス
まずは、ネット際ぎりぎりにヘアピンを打てることを目標としましょう。

 

 

浮かないヘアピンを打つコツ

 

ヘアピンが浮いてしまう選手の特徴として、インパクトの瞬間に手首や腕が大きく動いてしまっていることが多い。

 

こういった場合は手首を固定してシャトルに当てさせるようにしたほうがいいです。飛んでくるシャトルに勢いがあるので、しっかりとラケットの面ができていればリターンはできる。

 

一言アドバイス
この感覚を養成してから、クロスネットやスピンネットへステップアップしていきたいですね。

 

参考:バドミントンでは手首を固定して打つ!?正しくは回内の運動が重要

 

 

まとめ

 

バドミントンのヘアピンの種類は3種類ありますが、それぞれの特徴を理解した上で打ち分けていきたいですね。まずは、ネット際すれすれのヘアピンが打てるようになりましょう。

 

その次のステップとしてクロスネットやスピンネットといったテクニックを習得すべき。

 

この2つは高等テクニックであり、スピンネットはエースショットにもなる攻撃力を兼ね備えているのである程度実力がついてきたら、必ず自分のショットのバリエーションに加えましょう。

 

そうすれば、ラリーの組み立て方も豊富になって有利な試合展開を運べることに間違いありません。

 

 

追伸:本記事参考教材について

 

このバドミントン上達革命インターハイ常勝校の埼玉栄高校男子バドミントン部コーチである山田秀樹氏が監修している教材。

 

教材の中では試合で勝つためのあるポイントを5つ押さえて、勝つための戦術について解説しています。このことについては、【中高生必見】試合で勝つためのバドミントン練習方法!でお話ししているので確認してみてください。

 

 

負け続けはイヤですよね

もしも日本代表選手のコーチに教えてもらえたら、試合で勝てるようになると思いませんか。日本を代表する指導のプロからですよ?

そのプロの指導方法が下記で公開されています。今すぐタップして内容をアナタ自身の目で確かめてください

>>>>>日本代表コーチが教える必勝法を知りたいならココをタップ!<<<<<

-ショットの種類, ヘアピンショット

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2020 All Rights Reserved.