用具・グッズ

バドミントンのシャトルでおすすめはこの3種類だ!

投稿日:2019年10月9日 更新日:

 

バドミントンはお金のかかるスポーツだ。特にシャトルは熱心に練習をしていると1時間もしないうちに使い物にならなくなってしまいます。プロの試合を見ていると、1回の試合で何度もシャトルを交換していますよね。

 

つまり、シャトルは消耗品であることを覚悟しなければならない。ですが、部活の予算や個人の資金を考えるとシャトルにだけお金をかけるわけにはいきませんよね。

 

そこで今回はおすすめのシャトルを紹介しつつ、シャトルごとの使い分けについてお伝えしていきます。

 

 

バドミントンのシャトルおすすめ3選

バドミントンのシャトルでおすすめなのは、日本バドミントン協会(NBA)認定の第1種検定合格球を使用したほうがいい。ただし、値段は高額となっています。たとえばヨネックス ニューオフィシャルだ。

 

検定合格球のため、公式試合で使用されることが多いので大会直前には絶対に使っておきたいシャトルです。しかし、繰り返しになりますが1つあたり約500円するので高いのがデメリット。

 

試合当日と前日には必ず使用したいですが、普段の練習から使うのは厳しいでしょう。そこで、少しグレードを落とすなら世界バドミントン連盟(BWF)公認球を使って欲しい。

 

 

以前、当サイトでも紹介していたスノーピークが販売終了となってしまったのか、ずっと売り切れとなっているので代わりを探してみました。スノーピークを販売しているCPCが製造・販売しています。BWFの認定も受けているので品質は悪くありません。価格は3,000円前後なのでNBA第一種検定球よりお得です。

 

中級者以上で基礎打ち練習ができるレベルのプレーヤーならば、このシーピーシーブルー CPC BLUEを使うといいでしょう。まだ空振りしてしまったり、フレームショットが多かったりする初心者レベルの人はさらに安価なシャトルを使って練習をしたほうがいい。

 

ラケットプラザオリジナルのシャトルである【無印】シャトルコックはとにかく安い。水鳥の羽を使用しているがガチョウではなくアヒルの羽を使用しているので安価に抑えられているのでしょう。耐久性もそこまで悪くはないので、屋内で練習するならこの羽根が断然にオススメです。

 

せっかく屋内で練習できる機会があるならば、ナイロン製のシャトルより水鳥の羽を使ったシャトルを使いたいですね。打球感も飛び方もナイロン製と水鳥では全く異なるので、上達したいなら安くても水鳥の羽を使ったシャトルがいいでしょう。

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





 

シャトルの価格が異なる理由

シャトルの価格の違いは主に土台のコルク部分と羽根部分の素材によって決まってきます。コルクは天然コルク・人工コルク・圧縮コルクに分類できます。一番品質がいいのは天然コルク。コルクガシという樹木の樹皮を加工した木の皮から作られています。公式試合で使われるシャトルは天然コルクが使用されています。

 

羽根部分はナイロン製か天然(水鳥)製なのかで価値が変わってきます。当然、天然性のほうが高級品です。中でもガチョウの羽根を使用しているシャトルは耐久性が高いので検定合格球で使用されています。

 

つまり、検定合格球は天然素材をコルク、羽根両方に使用している最高級品であるということ。これならば、見た目が同じに見えても値段が高いことに納得がいくのではないでしょうか。

 

参考:バドミントンのシャトルでコスパがいいシャトルの種類と評価を比較

バドミントンのシャトルでコスパがいいシャトルの種類と評価を比較

  バドミントンはお金のかかるスポーツだ。ラケット、シューズ、さらに定期的に交換しなければならないガット(ストリングス)、グリップテープと他のスポーツに比べてとにかくお金がかかります。 &n ...

続きを見る

 

まとめ

 

バドミントンのシャトルは消耗品だ。だからといって羽が欠けているシャトルを使っていても上達はしません。しかし、お金は有限ですのでどこかで折り合いをつけて使っていくしかありませんね。

試合当日と前日はNBA検定合格球、試合の1週間ぐらい前はBWF認定球、普段の練習は練習球と使い分けていけば経済的に練習に臨めるでしょう。

 

またシャトルは季節毎に使い切ることを心がけましょう。試合で使用されるシャトルは、当然季節ごとの気温に適したスピード番号が用いられます。試合で勝つためには、試合と同じスピード番号のシャトルを使って練習したほうがいいのは言うまでもありません。

 

大量に購入すると1ダース毎に購入するよりお得になりますが、シーズン毎に使い切れる量を購入するようにしましょう。

 

 

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-用具・グッズ

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.