プッシュショット

バドミントンのワイパーショットとは?構え・打ち方のコツ

投稿日:

自動車ワイパー

 

バドミントンのワイパーショットとは、プッシュショットを打ってしまうとネットに触ってしまうようなシチュエーションのときに、ネットに触れることなくプッシュが打てる打ち方。

 

試合の中であまり使用する頻度は高くありませんが、打てるようになっておくとチャンスのときに打ち込める回数が増えるので得点しやすくなると言えるでしょう。

 

今回はワイパーショットの打ち方についてお話ししていきます。

 

 

バドミントンのワイパーショットとは

そもそもバドミントンのワイパーショットとは、ラケットがクルマのワイパーのような軌道を描くことからこのように呼ばれます。

 

シャトルに対してラケットを被せるように出し、シャトルのコルク部分を擦るように右から左、もしくは左から右へとスイングします。たとえば右利きでフォアサイドからならばラケットの軌道は右から左へ。バックサイドなら反対の動きになります。

 

気をつけたいのはインパクト後(シャトルを打った後)のフォロースルーです。ラケットをそのままネット方向に倒してしまうとネットタッチ(タッチ・ザ・ネット)となってしまい、フォルトとなる。したっがって、フォロースルーは横方向にスライドさせなければならないのです。

 

 

バドミントンのワイパーショット|構え・打ち方のコツ

ワイパーショットを打つときの構えはラケットヘッドを起こしておかなければなりません。ネット前に入るときはプッシュを打つ姿勢で移動してよいでしょう。

 

ワイパーショットで難しいのはラケットワーク。大きくテークバックをとってしまうとタイミングがずれたり、ネットタッチしたりしないようにする必要があります。

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





未経験顧問が初心者

そこでワイパーショットは、手の平の中でテークバックとインパクトの動きが完結するように意識すると良いです。手首の動きだけでラケットを少し引いて、あとは手の平の中でラケットを後方に倒しインパクトの瞬間はグリップを握りこむことによりラケットを動かします。

バックサイドでサムアップグリップで打つ場合は、親指でシャトルを相手コートへ押し込む感覚で打つとよいでしょう。

 

ワイパーショットの練習ですが、ノック練習をして習得するよりはヘアピンの打ち合いの中でチャンスがきたら打ち込む練習をしたほうが実践的

ラリーを続けるために、1対2で打ったヘアピンは必ず返ってくる状況にしてやると練習としてより効果的でしょう。ひとりで練習するならば、少し羽根の欠けたシャトルをコートネットの帯部分に立てて打つ練習がいいです。コルク部分をしっかり狙って打つことを意識しましょう。

 

 

ワイパーショットについてまとめ

 

バドミントンのワイパーショットはテークバックを小さく取りラケットを横移動させることによって、打ちこむプッシュショットである。普通にテークバックをとってプッシュショットを打つと、ネットタッチやオーバーネットになってしまうような状況で活用できると得点の機会が増えます。

 

参考:バドミントンのルールでネット近くでのフォルト(反則)について

 

ワイパーショットでプッシュが打てるようになれば、その一発がエースショットとならなくても続くラリーを有利に進めることができるでしょう。

 

一言アドバイス
試合で使用する機会は少ないですが、日頃よりコツコツと練習をしていればライバルに差をつけることができますよ。

 


バドミントンランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-プッシュショット

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.