戦略・戦術・指導

バドミントンできれいなフォームで打つには?素振りで改善するポイント

投稿日:2018年9月25日 更新日:

 

バドミントンできれいなフォームとは、どんなショットを打つときでも同じフォームで打てることである。きれいなフォームでプレーする選手に憧れて、マネをしようとすることはいいことですが必ずしもそれがあなたにとってプラスになるとは限りません。

 

むしろフォームが崩れてしまったときにどのような対応をしているかを勉強するほうが、あなたの実力向上に役立ってくれるでしょう。

 

今回はバドミントンできれいなフォームで打つことについてお話ししていきます。

 

 

参考教材:有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~

 

バドミントンできれいなフォームで打つ意味

バドミントンできれいなフォームで打つ意味は、無駄な動きをしないでシャトルの落下点に移動できているというのがひとつの条件になるでしょう。

 

その意味ではシャトルの落下点まで移動するフットワークとスイング時のラケットワークが、正しく行われているかが大切。素振りで改善できるポイントは、自分が余裕があるときに動く無駄のない動きを身体に覚えさせること。

 

たとえば、シングルスでロングハイサービスをレシーブするときのフォームは余裕をもって入れるので、きれいなフォームで入ってスイングするのが理想ですね。

 

参考:バドミントンのフォアサーブの打ち方!ロングサーブは高く奥まで

 

しかしバドミントンはきれいなフォームだからと言って得点にはならない。美しいフォームで打てているからといって、それが必ず試合で勝つことに直結するかと言えばそうではないのです。

 

それが次にお話しするきれいなフォームで打つより、打ち返す場所を考えるということ。

 

 

きれいなフォームで打つより打ち返す場所を考える

 

きれいなフォームで試合中に打てているということは、まだあなたに余力が残されているか、相手選手が自分より明らかに格下だから。

 

そこで満足するのではなく、きれいなフォームを理想としつつも打ち返す場所を考えるクセをつけるようにしましょう。いくらきれいなフォームで返していても、何も考えずあなたがきれいに返せるフォームとショットで返していたとして試合に勝てていなければ問題。

 

したがって、今現在フォームが崩れていて正しくないと指摘されている人はいくら素振りをやっても上達の見込みは少ないと言えるでしょう。それよりもノック練習で、どこに返すかを意識して打てているかのほうがはるかに重要である。

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





未経験顧問が初心者

 

一言アドバイス
正しいフォームにこだわるあまり相手選手に勝てないようであれば、自分に合ったフォームを見つけて勝てるようになりましょう。

 

特にまだ体が成長しきっていないジュニア選手(小学生以下)や中学生に対して、成人のプロ選手のフォームをさせようとした指導をしてもその選手は成長はしません。

 

その選手がどうやったら打ちたいところに返せるかを考えてあげるほうが、はるかに大切です。

 

また選手自身も、どうしたら狙った場所に返せるかを考えるようにしましょう。

 

参考:【バドミントン】シングルスの試合で女子が勝つコツ・戦い方

 

 

崩れたフォームでいかにリターンするか

きれいなフォームで打てることのメリットの少なさは先述したとおりです。では、上達をするためにはどうすればいいのかと考えた時に重要となるのは崩れたフォームで、最善のリターンができる方法を練習すること。

 

崩れたフォームからでも返す練習で一番効果的と言えるのはやはり「スピードノック(フィジカルノック)」。意図的にフォームを崩してひたすらシャトルを追いかける練習です。

 

スピードノックの効果はフェイントショットにひっかかってしまった場合の対応にもつながってくる。フェイントショットにひっかかってしまった場合について書いた記事もあるのでぜひ読んでみてください。

 

参照:バドミントンでフェイントにひっかからない・打ち返せないをなくすためには?

 

 

まとめ

 

バドミントンできれいなフォームで打つことは大事なことではありますが、それ以上にどこへ打ち返すかが重要。

 

また上達のために試合を観戦する時見るべきポイントは、上級者が崩れたフォームでリターンしたときや、フォームの変化が現れた瞬間です。

 

なぜフォームを変えたのだろうと疑問を持つ視点でフォームを見れば、自分に必要なことを取り入れる可能性がでてくる。

 

きれいなフォームばかり意識してフットワークの練習をしている人の素振りはただラケットを振るだけですが、強い人は素振りひとつをとっても、そこにシャトルがあるかのように丁寧に行います。

 

一言アドバイス
あなたも、実際にどこにシャトルが来てそしてどこに向かって打つのかっていうのを意識しながら素振りをしてくださいね。

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-戦略・戦術・指導

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.