戦略・戦術・指導

【バドミントン】シングルスの試合で女子が勝つコツ・戦い方

2018年10月18日

 

バドミントンの女子シングルスで勝つコツは、男子シングルスと異なってきます。バドミントンの女子シングルスは、男子シングルスン比べて1回のラリーが長いのが特徴。

 

これは、男子シングルスの場合だとコートの一番奥であるバックバウンダリーラインまでシャトルを飛ばしたとしても、相当に速いスピードでスマッシュショットでラリーが決まってしまうからです。

 

その点、女子シングルスはコート奥からスマッシュを打ったとしても筋力がどうしても男子より劣るため、スマッシュでラリーが決まることがあまりない。したがって、1回のラリーが長くなるのです。

 

今回は女子シングルスの試合で勝つためのコツについてお話ししていきますが、男子でも共通することはありますのでぜひ読み進めて下さい。

 

 

参考教材:バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

 

バドミントン女子シングルスで勝つコツ

 

バドミントンの女子シングルスで勝つコツについてお話ししていきますが、これからお話しすることは、女子シングルスに限ったことではありません。したがって、女子シングルスは関係ないと思わず、自分事に置き換えて読み進めていってくださいね。

 

サーブ・サーブレシーブでミスをしないこと

バドミントンのシングルスの試合で相手選手がショートサーブを打ってきた場合、基本はヘアピンで返すこと。もしも相手が前に出てきそうだったらロブ、ネットより高い場合はプッシュショットを打って攻めるのもありでしょう。

 

サーブレシーブはどのショットを打つ場合でも、自分からミスをしないということが勝つためには大切になってきます。

 

当然、サーブを打つときにもミスはしないこと。サーブの打ち方については、バドミントンのフォアサーブの打ち方!ロングサーブは高く奥まででお話ししているのでこちらの記事を参考にしてください。

 

男子シングルスの場合は、冒頭でもお話しした通りロングサーブ(ロングハイサービス)を打つとスマッシュを打ちこまれて1球で決まってしまうことがありますが、女子シングルスの場合はそうなることは少ないので、サービスはしっかりとコート奥まで打ちあげましょう。

 

バドミントン上達の秘訣を公開!!

◎桃田賢人選手を指導するコーチが監修!

◎プロの指導者がどのように教えてるか公開!

今やっている練習が実力につながっているか不安なら必見です!下記の画像を今スグにタップしましょう!!

>>>>>日本代表コーチが教える練習方法を知りたいならココをタップ!<<<<<

サーブ以外でもミスをしない

バドミントンはバスケットボールなどとは違い、点数が入るときは1点です。スマッシュで決まったら2点入るということはないため、確実に点を取っていくことが重要。

 

したがって、自分からアウトにしてしまったり、ネットにかけてしまうようなミスで相手に得点が入ってしまうのです。普段の練習から、自分がミスをしないように意識をしましょう。

 

しかし、練習中にミスをしないように甘いショットで打ちあっても意味がありません。練習のときも常に試合だと思って厳しいショットを基礎打ち・パターン練習など、相手がいる練習では打つようにしましょう。

 

常に次を考える戦い方

試合中にあなたのミスで相手に点数が入ってしまったとします。そのミスしたことを引きずってしまうと、そのあとも連続でミスをすることがある。これは試合中によく見かける光景ですが、これでは試合で勝つことはできません。

 

勝ちたいのであれば、前のラリーでミスした事は忘れること。反省は試合が終わってからすればいいので、試合中は次のラリーに集中するようにしましょう。

 

ラリー中は次のショットについて考えるようにして、ラリーが終わったら次のサーブまでに相手の弱点などを考えるようにすること。

 

一番よくないのは、まだラリーが終わってないのに「このスマッシュで決まった!」「このプッシュショットでエースショット(決め球)だ!」と緊張を切らせてしまうことです。なぜこれがよくないのかは言うまでもありませんが、リターンが遅れてしまうから。

 

一言アドバイス
シャトルが床に着くかコートネットにかかるまでは常に集中。ラリーの合間に気持ちの切り替え、休息は行いましょう。

 

 

まとめ

 

バドミントンの女子シングルスの試合で女子が勝つコツ・戦い方は、まずミスをしないこと。特に現在はラリーポイント制になっていますので、ミスが即失点につながります。

 

試合は普段の練習やトレーニングで行なってきた成果を発表する場所なので、日々の努力の積み重ねが試合で勝てる為のコツになると言えるでしょう。

 

バドミントンは相手選手がいる競技ですが、シングルスならばあなた自身が最大の敵でもあり味方。試合では緊張や不安などに対して強いメンタルを鍛えることも重要になってきます。

 

一言アドバイス
バドミントンのシングルスは個人競技ですので自分との闘いになる。普段の練習にも緊張感を持って臨むようにしましょう。

 

 

負けてばかりで楽しいですか?

もしも日本代表選手のコーチに教えてもらえたら、あなたも試合で勝てるようになると思いませんか。日本代表選手を指導するプロコーチからの教えですよ?

そのプロの指導方法が下記で公開されています。今すぐタップして内容をアナタ自身の目で確かめてください。いつ非公開になるか分かりません。

>>>>>日本代表コーチが教える必勝法を知りたいならココをタップ!<<<<<

在宅時おすすめ記事一覧

1

  バドミントンの壁打ちを家でやると、壁にシャトルが当たる瞬間に発生する騒音と、壁に多少ですが傷がつくことが問題となります。 しかし、これらの問題は工夫次第でいくらでも解決できる。自宅でなく ...

2

  バドミントンの練習を一人でもしたいと思うあなたは、かなりバドミントンに対する熱意が強いと断言できます。どんなスポーツでもそのスポーツに対する熱意がなければ、上達はありえません。 &nbs ...

3

  バドミントンを上達させたいと思う人は屋内の練習以外でも、トレーニングをかかしません。走り込みや筋トレをして筋肉(筋力)をつける努力を怠らないのです。   バドミントンは全身運動 ...

-戦略・戦術・指導

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2020 All Rights Reserved.