ラケットワーク

バドミントンのイースタングリップとは?持ち方についても解説

2019年7月22日

 

バドミントンをスポーツとして始めるにあたりグリップの握り方は非常に重要です。レクリエーションでバドミントンをする人と、スポーツとしてプレーしている人の違いが一番出てくるのがこのグリップの握り方でしょう。

 

レクリエーションでバドミントンをプレーしている人はウエスタングリップと呼ばれる、フライパンを持つような持ち方になっていることがほとんどです。しかし、この持ち方だけしか知らないとバドミントン大会で勝っていくのは不可能です。

 

そのためスポーツとしてバドミントンをプレーするなら、イースタングリップを必ずマスターする必要があります。この持ち方ができていないと、スマッシュは速く打てませんし、他のショットも正確に打つことはできません。今回はイースタングリップの持ち方について解説していきます。

イースタングリップの持ち方

 

イースタングリップの持ち方は、包丁を持つようにとよく表現されます。ラケットの面を床に対して垂直になるようにし、握手をするようにグリップを握ります。

 

親指と人差し指でラケットを持つようにし、残りの指は添えるだけにします。ラケットを構えている時などは、残りの指とグリップの間に隙間を作るようにしておきましょう。

打つ瞬間(インパクト)にだけ握りこむようにします。こうしないと打ちたい方向に打つときにラケット面の向きだけを変えることができなくなってしまうので、ひとつの決まった方向にしか打てないようになってしまいます。

 

またイースタングリップは力を入れやすい持ち方で、攻撃的なスマッシュショットを打ち込むときなどに多用されるシーンが多いです。利き手側であるフォアサイドのショットの多くを処理するのがこのイースタングリップという持ち方になります。

 

このイースタングリップが正確にできていないとラケットのガット面の向きが安定しません。ラケットのガット面が安定していないと、飛んでくるシャトルに対して毎回違うアプローチをすることになるので、打ち返したショットが思った方向に飛ばない、もしくは空振りをする可能性も出てきます。

 

こうならないためには、まずイースタングリップでの素振りを行って回内運動(うちわで自分を仰ぐ時の手首の動きのこと)をしっかりと身につけること。腕を振ってシャトルを打つのではなく、回内運動をマスターしましょう。この素振りの目的は、肘から先の筋肉を使って打つという感覚を養うことです。

 

素振りをするときにタオル打ちを応用してもいいでしょう。腕を体の横に真っ直ぐと伸ばし、床に対して腕が平行になるようにします。そして回内運動だけを利用してタオルを打ってください。

 

タオルに対して垂直にガット面が出せて打てていれば、甲高い乾いた音が鳴るはずです。もし掠れた音がしたり、音がしない場合はアプローチが誤っている可能性があります。フォーム誰かに見てもらうなどして修正をしていきましょう。

 

参考:バドミントンの旗打ち練習!正しいフォームの作り方と打ち方

 

 

バドミントンラケットのイースタングリップを握る位置

バドミントンのラケットグリップを握るとき、基本的にはグリップエンドから小指一個分ぐらい離れた位置に小指が来るように持った方が良い。ただし、例外としてダブルスの場合、前衛にいる際と、後衛にいる際ではグリップを握るポジションを変えたほうが打ちやすいケースもあります。

 

現在、販売されているラケットの多くはグリップ部分が長く作られている傾向にあるので、前衛にいるときは速いショットに対応すべく、短く持つほうがリターン(打ち返)しやすいでしょう。後衛にいるときはラケットグリップの下部分(グリップエンドに近い方)を持つことで、よりショットにパワーを持たせることができます。なぜなら、打点が高くなるため、より鋭角なショットを打ち込み易くなるからです。

 

それでは、なぜ前衛にいるときはガット面(つまりグリップエンドと反対側)に近いほうを持った方が良いと思いますか。続いてその理由について解説していきます。

【応用編】ダブルスでのイースタングリップ

シングルスでもダブルスでもグリップの持ち方に大きな違いはありません。しかし、ダブルスで後衛にいるときはグリップエンドに近いほうを持った方がメリットがあることは先述したとおりです。それでは、なぜ後衛から前衛になったときにグリップをガット面に近い位置へ持ち替えなければならないのか。

 

この答えは、ラケットヘッドを上げることができるから。無論、大きくスイングスピード(ラケットを振る速さ)が変わることが実感できなかったり、打ちにくいと感じたりするならば無理にグリップポジション(握る位置)を変える必要はありません。

 

成人しているとラケットグリップを持つ位置を変える効果はあまり実感できないかもしれません。しかし、成長途中である小学生や中学生ぐらいであれば、グリップを持つ位置を変えることで打ちやすくなる可能性はあります。練習中に試してみると良いでしょう。

 

もしグリップ位置の変更をするならダブルスの試合中、フォーメーションがトップ&バックからサイドバイサイドになり、パートナーのほうに球が上がった場合は前衛に自分が入ることになりますね。このタイミングでグリップを短く持ち替えるといいでしょう。また同様に前衛から後衛になるときは、グリップエンドの近くを持つようにしてくださいね。

 

 

イースタングリップについてまとめ

 

イースタングリップの持つ位置は状況に応じて長く持ったり、短く持ったりして変えるべき。

 

イースタングリップは力を入れやすい持ち方で、攻撃的なスマッシュショットを打ち込むときなどに多用されるシーンが多く、利き手側であるフォアサイドのショットの多くを処理するのがこのイースタングリップです。

 

またこのイースタングリップからサムアップグリップ、ウエスタングリップと持ち替えることによって状況に応じて最適なショットが打てるようになるのです。

 

思った方向にシャトルが飛ばなかったり、グリップの持ち替えに不安があったりする人は、下記の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

参考

負けてばかりじゃ面白くないですよね

もしも日本代表選手のコーチに教えてもらえたら、あなたも試合で勝てるようになると思いませんか。日本代表選手を指導するプロコーチからの教えですよ?

そのプロの指導方法が下記で公開されています。今すぐタップして内容をアナタ自身の目で確かめてください。いつ非公開になるか分かりません。

>>>>>日本代表コーチが教える必勝法を知りたいならココをタップ!<<<<<

この教材の特徴や評判についてい知りたいなら、下記の記事をチェックしてみてください。

バドミントン・シングルス バドミントンナショナルチーム(A代表)コーチ中西洋介 監修
【桃田賢斗の指導者】バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意【中西洋介コーチ監修】

この教材の最大の魅力は国内のトッププレーヤーと同じ練習メニューが分かること。またその練習の意義がしっかりと学べる点です。 普段の練習では言われた通り、もしくはいつもと同じ流れで同じ練習メニューをなんと ...

続きを見る

【桃田賢斗の指導者】バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意【中西洋介コーチ監修】

緊急事態宣言中に読むべき記事一覧

1

  バドミントンの壁打ちを家でやると、壁にシャトルが当たる瞬間に発生する騒音と、壁に多少ですが傷がつくことが問題となります。 しかし、これらの問題は工夫次第でいくらでも解決できる。自宅でなく ...

.バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 2

まずはこの動画をご覧ください。   埼玉栄男子バドミントン部コーチ兼、元・ナショナルバックアップチームコーチ山田秀樹 監修 一流選手排出の秘密を公開! 『大会でトップになれること』『将来、全 ...

バドミントン・シングルス バドミントンナショナルチーム(A代表)コーチ中西洋介 監修 3

この教材の最大の魅力は国内のトッププレーヤーと同じ練習メニューが分かること。またその練習の意義がしっかりと学べる点です。 普段の練習では言われた通り、もしくはいつもと同じ流れで同じ練習メニューをなんと ...

-ラケットワーク

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2021 All Rights Reserved.