ラケットワーク

イースタングリップとは?持ち方についても合わせて解説

2019年7月22日

 

バドミントンをスポーツとして始めるにあたりグリップの握り方は非常に重要。素人と競技プレーヤーとしての違いが出てくるのがこのグリップの握り方でしょう。

 

素人のうちはどうしてもウエスタングリップと呼ばれる、フライパンを持つような持ち方になっています。しかし、この持ち方だけではスポーツ競技としてバドミントンをプレーしていくのは難しい。

 

そのためスポーツ競技としてバドミントンをプレーするなら、イースタングリップをマスターする必要があります。この持ち方ができていないと、スマッシュは速く打てませんし、他のショットも性格に打つことはできません。今回はイースタングリップの持ち方について解説していきます。

バドミントンでイースタングリップを握る位置

バドミントンでイースタングリップでラケットのグリップを握る時にどの場所がいいのかと考えた場合、基本的にはグリップエンドから小指一個分ぐらい離れた位置に小指が来るように持った方が良い。

 

ただし、ダブルスの場合だと前衛にいるときと、後衛にいるときでグリップを握る位置を変えたほうが打ちやすいこともあります。

現在販売されているラケットはグリップ部分が長く作られているので、前衛にいるときは、速い球に対応すべく短く持つ。後衛に居るときは長く持つことでよりショットにパワーを持たせる意味があります。

 

このように状況に応じてグリップを持つ位置は変えたほうがよいと言える。

 

 

イースタングリップの持ち方

 

イースタングリップの持ち方は、包丁を持つようにとよく表現されます。ラケットの面を床に対して垂直になるようにし、握手をするようにグリップを握ります。

 

親指と人差し指でラケットを持つようにし、残りの指は添えるだけにします。ラケットを構えている時などは、残りの指とグリップの間に隙間を作るようにしておきましょう。
打つ瞬間(インパクト)にだけ握りこむようにします。こうしないと打ちたい方向に打つときにラケット面の向きだけを変えることができなくなってしまうので、ひとつの決まった方向にしか打てないようになってしまいます。

 

またイースタングリップは力を入れやすい持ち方で、攻撃的なスマッシュショットを打ち込むときなどに多用されるシーンが多く、利き手側であるフォアサイドのショットの多くを処理するのがこのイースタングリップという持ち方。

 

このイースタングリップができていないとラケット面が安定しないため、飛んでくるシャトルに対して毎回違うアプローチをすることになるので、空振りをする可能性も出てきます。

 

こうならないためには、まずイースタングリップでの素振りを行って回内運動(うちわで自分を仰ぐ時の手首の動きのこと)をしっかりと身につけること。この素振りの目的は、肘から先の筋肉を使って打つという感覚を養うことです。

素振りをするときにタオル打ちを応用してもいいでしょう。腕を体の横に真っ直ぐと伸ばし、床に対して腕が平行になるようにします。そして回内運動だけを利用してタオルを打ってください。

 

一言アドバイス
タオルの長さをラケットが当たる位置に調整して、練習してみましょう。

 

参考:バドミントンの旗打ち練習!正しいフォームの作り方と打ち方

バドミントンの旗打ち練習!正しいフォームの作り方と打ち方

  バドミントンの旗打ちとは、タオル打ちとも呼ばれ、オーバーヘッドストロークの正しいフォームの作り方(打ち方)を覚えるのに最適な練習法です。   最初のうちはシャトルを打たせてもら ...

続きを見る

 

【応用編】ダブルスでのイースタングリップ

シングルスでもダブルスでもグリップの持ち方に大きな違いはありません。しかし、ダブルスで後衛にいるときはグリップエンドに近いほうを持った方がメリットがあります。では、後衛から前衛になったときにグリップをラケット面に近い位置へ持ち替えなければならないのかと疑問に思いますよね。

 

この疑問の答えは、ラケットを振る速さを上げることができるならば不要。ただし、ラケットを持っている支点となる手の位置からラケット面までが遠くなるのでスイングは遅くなります。

 

結果的に不利なラリー展開に持ち込まれてしまうのです。相手からのショットが速ければ速いほど、振り遅れが差となってくるので短く持ち替えられた方が無難だと言えます。

 

ダブルスの試合中、トップ&バックからサイドバイサイドになり、パートナーのほうに球が上がった場合は前衛に自分が入ることになりますね。このときにグリップを短く持ち替えるといいでしょう。

 

また同様に前衛から後衛になるときはグリップは長く持つようにしてください。

 

 

イースタングリップについてまとめ

 

イースタングリップの持つ位置は状況に応じて長く持ったり、短く持ったりして変えるべき。

 

イースタングリップは力を入れやすい持ち方で、攻撃的なスマッシュショットを打ち込むときなどに多用されるシーンが多く、利き手側であるフォアサイドのショットの多くを処理するのがこのイースタングリップです。

 

またこのイースタングリップからサムアップグリップ、ウエスタングリップと持ち替えることによって状況に応じて最適なショットが打てるようになるのです。

 

参考:バドミントンのプロ選手でウエスタングリップへ握り替えをする選手はいる?

バドミントンのプロ選手でウエスタングリップへ握り替えをする選手はいる?

  バドミントンのプロ選手で、ウエスタングリップに握り替えをする選手はいる。近年だと、田児賢一選手が試合中にウエスタングリップを使用しているのを確認することができます。詳しくは各自で動画を探 ...

続きを見る

負けてばかりじゃ面白くないですよね

もしも日本代表選手のコーチに教えてもらえたら、あなたも試合で勝てるようになると思いませんか。日本代表選手を指導するプロコーチからの教えですよ?

そのプロの指導方法が下記で公開されています。今すぐタップして内容をアナタ自身の目で確かめてください。いつ非公開になるか分かりません。

>>>>>日本代表コーチが教える必勝法を知りたいならココをタップ!<<<<<

この教材の特徴や評判についてい知りたいなら、下記の記事をチェックしてみてください。

バドミントン・シングルス バドミントンナショナルチーム(A代表)コーチ中西洋介 監修
【桃田賢斗の指導者】バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意【中西洋介コーチ監修】

この教材の最大の魅力は国内のトッププレーヤーと同じ練習メニューが分かること。またその練習の意義がしっかりと学べる点です。 普段の練習では言われた通り、もしくはいつもと同じ流れで同じ練習メニューをなんと ...

続きを見る

【桃田賢斗の指導者】バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意【中西洋介コーチ監修】

-ラケットワーク

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2020 All Rights Reserved.