ラケットワーク

バドミントンの旗打ち練習!正しいフォームの作り方と打ち方

投稿日:2018年10月12日 更新日:

 

バドミントンの旗打ちとは、タオル打ちとも呼ばれ、オーバーヘッドストロークの正しいフォームの作り方(打ち方)を覚えるのに最適な練習法です。

 

最初のうちはシャトルを打たせてもらえずひたすらこの練習をやらされて、面白くないと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、この旗打ち練習は正しいオーバーヘッドストロークのフォームを覚えると同時に体重移動も身につく練習方法なのです。今回は旗打ち練習についてお話ししていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

【バドミントン】旗打ち練習で正しいフォームの作り方(打ち方)を覚えよう

バドミントンで旗打ち練習をするのは、正しいフォームの作り方(打ち方)を覚えるためである。また旗打ち練習は、バドミントンのシャトルを打つ打点が低いときの修正や、シャトルとの距離感をつかむ練習にも効果的です。

 

旗打ち練習とは、学校の体育館であれば2階の観覧席から、使い古したバスタオルやシーツなどを吊るして、ラケットを使いオーバーヘッドストロークで打つ練習方法のこと。

 

一言アドバイス
使い古したシャトルにヒモを着けてぶら下げて打つ練習も効果的です。

 

腕を伸ばして(肘は軽く曲がる程度)届く高さに設定し、甲高い良い音がなるまで吊るしてあるタオルをラケットで打ちます。
ラケットの面が正面でまっすぐに当たっていれば良い音がしますが、ラケットのガット面(ストリングス面)が斜めになっていては、いい音は鳴らない。

 

半身からの旗打ちや、ジャンプしての旗打ちなど、いろいろなパターンで応用して利用できます。

 

参考:バドミントンできれいなフォームで打つには?素振りで改善するポイント

 

 

バドミントンの旗打ち練習の目的

 

目的意識のない練習をしてもバドミントンのテクニックは向上しません。プレーヤーもですが、指導者も何を目的として練習しているのかをしっかり伝えることができないと、真面目に練習に臨まないので常に練習目的はプレーヤーと共有しておきましょう。

 

この旗打ち練習の目的はズバリ、オーバーヘッドストロークの正しいフォームを身につけること。インパクト時にラケットのガット面がしっかりまっすぐ向いていなければ、シャトルに力をしっかりと伝えることはできません。

 

したがって、この練習では正しい打点で打つことを覚えることも重要となってくる。正しいフォームで打てるようになれば、「パーン」と高い破裂音がするようになるでしょう。

 

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





旗打ち練習もひとりで練習できるバドミントンの練習メニューのひとつです。

 

他に壁打ちもひとりで行うことができますので、ライバルに差をつけたいならば、自主練習を怠らないようにしましょう。壁打ちについては下記の記事で言及しているので、参考にしてくださいね。

 

参考:バドミントンの壁打ちを家でやる!自宅で使える壁打ち専用の板がある!?

 

 

【実践編】ノック形式でシャトルを打つ

実践編として、ネット前での手投げノックでスマッシュショットを打ってみましょう。ノックの球出しは打ちやすい位置に高めに投げてあげるとよい。

 

このノック練習で大事なのは、シャトルを打つことより正しい打点で振り抜きをすることです。正しい振りでシャトルを打てるようにタイミングや立ち位置を合わせるように練習をすること。

 

ノッカーは球出しの際に、腕の力だけで投げるのではなく全身を利用して投げましょう。具体的には下からシャトルを投げる場合はヒザの屈伸運動と、腕の振りを大きくすること。

 

ネット前でスマッシュが打てるようになったら、コート中央から動いて打つ練習へとステップアップします。ノッカーはラケットを使って、山なりの球を出してあげましょう。

 

プレーヤーは、シャトルの軌道をしっかりと見定めてシャトルの落下点へ素早くもぐり込むことを意識することと、正しいフォームで打つことを意識しておく。フットワークが加わった途端に打てなくなるのであれば、それはフットワークに問題がある可能性があります。

 

コート奥への下がり方については下記の記事でお話ししていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

参考:バドミントンで後ろが弱いと感じるのは下がるフットワークに問題?

 

 

まとめ

 

旗打ち練習はオーバーヘッドストロークの正しいフォームを身につけるための、最初の練習。この基礎をおろそかにしていると、スマッシュ、クリアショットなどオーバーヘッドストローク系のショットが狙ったところにリターンできません。

 

地味で面白みに欠ける練習だと、バドミントンを始めたばかりの人は思うでしょう。しかし、基礎ができていなければ上達しないので、シャトルを打つようになっても面白くはならない。

 

どんなスポーツにも言えることですが、基礎をおろそかにしては、上達は有り得ません。また目的意識を持たず、やらされている練習ではいつまでたっても上達は難しいでしょう。

 

一言アドバイス
常に目的意識と主体性を持って練習に臨んでください。

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-ラケットワーク

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.