ラケットワーク

バドミントンでは手首を固定して打つ!?正しくは回内の運動が重要

投稿日:2018年10月21日 更新日:

 

バドミントンでは手首は固定して回内運動を使ったほうがよくシャトルは飛びます。しかし、この手首の使い方を間違えてしまうと、なかなかシャトルの飛距離は伸びません。

 

ラケット性能の向上により現在のバドミントンは一昔前と比較した場合、スピード化が著しいです。そしてこのスピード化は、これからもラケット性能の向上によってより進んでいくでしょう。

 

つまり、これからは男子、女子問わずに可動範囲を小さくして、強く速いショットを打てるかが重要となってくる。そのためには、手首の使い方が大切ですので、今回はバドミントンにおける手首の使い方と重要性についてお話ししていきます。

 

 

本記事参考教材:有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~

 

バドミントンの手首の使い方と回内の運動

バドミントンの手首の使い方を説明する上で回内の運動について理解する必要があります。回内運動とは手首の動かし方というよりは、腕の筋肉の使い方。

 

回内運動を正しく感じるためには、腕を体の真横に伸ばして床と平行となるようにして肘を支点として腕を前後に動かしてみて下さい。これが回内運動で、この動きをそのまま頭上に持ってきて行うことによってシャトルに正しく力を伝えることができる。

 

この手首の使い方は初心者が陥る間違いのひとつで、この過ちに気付けないままバドミントンを続けると今後の上達に大きな影響を与えます。

 

 

バドミントンで誤った手首の使い方

 

画像のような招き猫の手は、手首を前に倒しています。これを掌屈(しょうくつ)といいます。初心者は間違ってバドミントンでこの掌屈運動をよくやってしまう傾向にある。

 

掌屈を使うと強い球や遠くに飛ばす球は打てません。シャトルを飛ばすにはスイングスピードが速いほうがいいのですが掌屈を使うとスイングスピードが遅くなる。さらに、手首を痛める確率が上がりますのでメリットは何もありません。

 

自覚のない本人は手首に力を入れているので、なんとなく飛ばせているような気がするのですが、飛ぶような気がしているだけで、実際には大きな力のロスをしてしまっているのです。

 

 

バドンミントンにおける正しい手首の使い方

 

中級者以上の選手が手首で打っているように見えるのは、イースタングリップでラケットを持って回内運動と回外運動を使えているから。

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





未経験顧問が初心者

 

回内運動とは、前腕を手の平が下を向くように回転させることで、回外運動とは、前腕を手の平が上を向くように回転させること。

 

実は無意識に日常生活の中で回内運動と回外運動を私たちは使っているのです。日常生活の中でドアのノブを開けたり閉めたりするのを思い出してください。ドアノブを回すときの前腕の使い方が回内、回外です。

 

一言アドバイス
あとはうちわを使って自分を仰ぐときも、無意識に使っていますね。

 

この動きを意識してラケットのスイングに応用するとシャトルが遠くまで飛ぶようになり、シャトルスピードのアップにつながる。

 

参考:バドミントンの旗打ち練習!正しいフォームの作り方と打ち方

 

 

手首は固定した方がシャトルは飛ぶ

バドミントンでは手首は使わずに、固定してください。そうすると体の回転(ひねり)、肩の回転、肘の力がロスせずにシャトルに力が伝わります。

 

オーバーヘッドストロークでもサイド(アーム)ストロークスでもスムーズに行うには、構えているときに腕とラケットを一直線にせず、手首を親指側に少し立てた状態にすることが重要。この手首を少し立てた状態をリストスタンドと言います。

 

この際、手首とラケットとの角度が120度ぐらいになるようにします。このブログの他記事でもよくラケットと腕をV字にすると書いているのはこのこと。練習中に指導者の方からよく「ラケットヘッドが下がっている」と言われる人は、このリストスタンドができていないということです。

 

下記の記事の中でもラケットと腕をV字にすると書いていますので、意識して読んでみてください。

 

参考:バドミントンでスマッシュレシーブが飛ばない原因は手首と肘にある

 

 

まとめ

 

バドミントンは手首の力と使い方が重要と表面的な意味だけで捉えて、間違った手首の使い方をしているといつまで経ってもシャトルが飛ぶようにはなりません。

 

正しい意味を理解して回内運動・回外運動が使えるようになればシャトルを遠くへ飛ばすことも可能となりますし、ショットスピードも向上する。

 

正しい打ち方を覚えてトレーニングをしていけば、バドミントンの実力の向上をハッキリと感じることができるでしょう。バドミントンの壁打ちを家でやる!自宅で使える壁打ち専用の板がある!?の中でお伝えしている練習もこの回内運動・回外運動を意識して練習してくださいね。

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-ラケットワーク

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.