ショットの種類 ドロップショット

バドミントンでドロップが浮く原因は?打点・インパクトの瞬間で改善

投稿日:2018年9月5日 更新日:

 

バドミントンでドロップショット(以下、ドロップ)が浮く原因は、打点・インパクトの瞬間が間違っているから。そもそもドロップとは、コート奥に上がってきたシャトルを相手ネット前へ落とすショットです。

 

スマッシュ・クリアーと同様のオーバーヘッドストロークから繰り出されるドロップは、相手の姿勢を崩すのに効果的なショットである。

 

今回はそのドロップが開いてネット前で浮いてしまう選手の原因と改善方法について、お話しします。

 

 

参考教材:バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

 

バドミントンでドロップが浮く原因は打点・インパクトの瞬間にある

 

打点は自分より前で

ドロップが浮いてします原因のひとつとして一番多いのは、打点が自分より後ろになってしまっている場合が多い。そのため、ラケットの面に当てて勢いだけ落とした角度のついていない中途半端なリターンとなっている場合があります。

 

もうひとつの原因として考えられるのが、打点が低い場合。初心者のケースだと打点が体より前の低い位置になっていることが多いです。こうなってしまう原因は、力を加減してシャトルの速度を落としたリターンをしようとしているから。

 

こうなってしまうと速度の遅いドライブショットのような軌道を描いて、シャトルは飛んで(フライト)いきます。結果的に相手へチャンスを与えることになってしまっていると言えるでしょう。

 

このような自分にとって不利にならない展開にするためには打点は高く、自分の体より前に定めること。このことをを意識するだけで、相手コート前へ深く沈むドロップが打てるようになります。

 

インパクト時の手首の使い方

インパクト(シャトルがラケットに当たる瞬間)時の手首の使い方=スナップがうまく使えていない場合もドロップが浮く原因となる。

 

インパクト時に手首の回内運動(手首を手の平の方へ倒すこと)のタイミングが合っていないと、ドロップが浮く原因になります。また、インパクトのときにグリップを握りこむ動作ができていないと、ラケットが下を向かないので注意しましょう。

 

参考:バドミントンでは手首を固定して打つ!?正しくは回内の運動が重要

 

 

それでもドロップが浮くなら基本を見直そう

前述した内容ができているにも関わらず、ドロップが相手コートへ返らない。もしくはネットに引っかかる場合はフットワークから見直す必要があります。

 

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





打点も間違っておらず、インパクト時のスナップにも問題がないならば、シャトルの落下点へ入るのが遅れている可能性がある。

 

つまり、フットワークで遅れをとってしまっている状態が考えられます。このとき問題にするのは、自分サイドのコート奥に打たれる前の動作が大事。

 

参考:バドミントンのフットワークの教え方!コート奥への下がり方と練習方法

 

自分サイドのコート奥に打たれる前に、正しい動作ができているかどうかがシャトルの落下点へ素早くもぐり込めることができるかどうかの判断基準となります。

 

例えば、コート前へ出るフットワークに苦手意識があるためにホームポジション(原則的にシングルスであればコートのセンタラインから、ラケット1個分ぐらい下がったところ)を前にしすぎている場合。これが原因でコートの奥への対処が間に合っていない可能性があります。

 

ダブルスの場合では本来自分が打つべきショットをパートナーに任せてしまっている場合。ポジションを入れ替えて自分が打った方がいいにも関わらず、パートナーに無理を強いてパートナーが対応が遅れてしまい、浮いたドロップになっている可能性はある。

 

参考:バドミントンのダブルスにおけるフォーメーションの名称とローテーションのコツ

 

 

まとめ

 

ドロップを打つ狙いは、相手にクリアーかスマッシュか迷わせるために打つショットです。正しいドロップを打てないと自分が不利になる。

 

ドロップに似たショットでカットドロップがありますが、こちらはドロップに比べて球速が速くなります。これはより攻撃的な要素を含んできますが、球速が速いので相手からのリターンも早くなってくる。

 

ドロップはカットドロップに比べると球速が遅いので、自分の姿勢を立て直す時間を作ることができます。

 

この2種類のショットを使い分けることができれば、試合戦略の幅も広がっていくでしょう。

 

一言アドバイス
まずは、正しいドロップが打てるように打点と手首の使い方を見直してみましょう。また上手に打てている人の動作をよくみることが上達の近道へとつながります。

 

自分がコートに立っていない時でも、常に向上心を忘れないようにすることが大切。

 

参考:バドミントンのカットショットでの手首の動きは?カットとは?

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-ショットの種類, ドロップショット

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.