ショットの種類 ロブ・ロビングショット

バドミントンでロブが飛ばない原因は?フォアハンド・バックハンドのコツ

投稿日:2018年9月11日 更新日:

 

バドミントンでロブが飛ばない原因は、ラケットワークかフットワークのどちらかに問題があると推測できる。この2つができていないか、片方に問題があるためネットに引っかかってしまったり相手コート奥まで飛ばないと考えられるでしょう。

 

ロブは守備的なショットのイメージが強いと思われがちですが、打ち方によっては相手をコート奥まで追いやる攻撃的なショットへと変貌します。

 

一言アドバイス
ロブは人によってはロビングショットとも言いますので、覚えておいてくださいね。

 

今回はロビングの打ち方について解説していきます。

 

 

本記事参考教材:バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

 

バドミントンでロブが飛ばない原因は主に2つ

バドミントンでロブが飛ばない原因は主に2つあると言える。

 

1つめは、ラケットワークに問題があって「手打ちになっている。」「フォロースルーができていない。」などが相手コート奥まで飛ばない原因となっている可能性が高いです。

 

2つめはフットワークが問題となっている場合で「シャトルに近づきすぎている。」「インパクト(シャトルがラケットに当たる瞬間)時に体勢が止まっていない。」こちらのどちらかに当てはまっているケースが考えられる。

 

参考:バドミントンのステップ・フットワークについて!上達のコツと種類

 

 

ロブを打つ際に共通する注意点

これは意外に思われるかもしれませんが、フォアサイドのロブを打つ方が、バックサイドのロブを打つよりも難しいと思ってください。

 

したがって、バックサイドは打てるのにフォアサイドのロブがしっかりと打てず奥まで飛ばないのはあなただけではありません。決して少数派ではないので、そのことに悩んでいるなら今すぐ考えを改めましょう。

 

ロブを打つときにフォアサイド・バックサイド両方に共通して注意してほしいのが、ランジの姿勢。このランジの姿勢とは、脚を前後に大きく開いた姿勢のことで、ラケットをストロークする直前直後の体勢だと覚えておいてください。

 

バドミントンにおいては、必ず利き腕側の足を最後に前にすること。この理由はストローク後に下がる際に、ラケットを振りぬいた勢いを利用して戻ることができるからです。

 

続いて、フォアサイド・バックサイドのロブの打ち方の一例を示しますので、あなたがどうしてロブを飛ばすことができないのか考えてみてください。

 

 

フォアサイドのロブの打ち方

 

フォアサイドのロブの打ち方のイメージとしてはヘアピンショットを打つ姿勢から、すくい上げるようにして打つこと。

 

初心者にありがちな間違いとして、シングルスのロングハイサービスを打つように左足を前にして腕を大きく振りかぶって打とうとする人がいますが、よくありません。

 

ラケットがシャトルにヒットする所までしゃがみ込み、目線を打点の高さに合わせるようにしましょう。シャトルが見えていなければ、空振りの原因となります。

 

先にあげたロングハイサービスのような打ち方がいけない原因は、この打点が見えていないこと。

 

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





ロブを打つときはテークバック(ラケットを後ろへ引くこと)を大きくとらずに回内運動(手首を手の平へ倒す方向)を少しだけ利用して手首を回して打ちましょう。

 

ラケットを振るのではなく、ラケットのシャフト(グリップとラケット面の間の棒)をしならせて打つイメージが大切になる。

 

インパクト後のラケットを振りぬくときは、真上に振りぬくのではなくシャトルを押し出すように斜め上前を意識して振りぬきましょう。

 

 

バックサイドのロブの打ち方

バックサイドのロブのほうが慣れてくると簡単に感じる理由を先に述べてしまうと、サムアップグリップしている状態だと、親指でラケットを押す感覚がつかみやすいためです。

 

さらに言えば、フォアサイドと比較した場合に手首の可動領域がバックサイドのほうが狭くなるため余分な動作が減るため、ラケットワークがしやすく感じることができる。

 

慣れてくれば、回内運動で打つフォアサイドより、回外運動(手の平を外へ倒す運動)で打つバックサイドのほうがコントロールしやすく感じられるでしょう。

 

バックサイドのロブで注意したいのは指先の向き。コートの内側へ向いているようにしないと、打球がアウトになるばかりでなく着地時に足首を捻って捻挫をする確率が上がります。

 

そして、これはフォアサイドのロブにも言えることですが、利き足が着地してから打つように心がけましょう。まず、着地ができていないと踏ん張りがきかないため力がちゃんと入らず、さらには重心が安定しないため打球のコントロールもできなくなる。

 

さらに言えば、冒頭に挙げたシャトルに近づきすぎてしまうのも、着地してから打っていないのが原因となります。理由は体を安定させることができていないため、前傾姿勢になってしまうから。

 

これらの理由から安定したロブを打つためには、利き足を着地してから打つことが必須だと理解できるでしょう。

 

参考:バドミントンのフットワークの教え方!コート奥への下がり方と練習方法

 

 

まとめ

 

バドミントンでロブが飛ばない原因は、フットワークかラケットワークに原因があるということ。特にフットワークにおいては利き足が着地してから打つのが重要と強調しました。

 

この着地してから打つというのは、フォアサイド・バックサイド両方に言えることなので、重視しましょう。

 

またラケットワークに関しては腕を大きく振って打つのではなく、肘から先の運動である回内運動と回外運動を使い分けて打つことがコントロール力の向上へつながる。

 

ロブに限ったことではありませんが、あなたができていない部分を他の人ができていたら、積極的にそのできている人の技術を盗みにいくという意識を常に持って練習へ臨むことが大切。

 

一言アドバイス
この意識を常に持っていれば他のテクニックも向上していくでしょう。

 

 

追伸:本記事参考教材について

 

このバドミントン上達革命インターハイ常勝校の埼玉栄高校男子バドミントン部コーチである山田秀樹氏が監修している教材。

 

教材の中では試合で勝つためのあるポイントを5つ押さえて、勝つための戦術について解説しています。このことについては、【中高生必見】試合で勝つためのバドミントン練習方法!でお話ししているので確認してみてください。

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-ショットの種類, ロブ・ロビングショット

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.