ショットの種類 スマッシュショット

【初心者必見!】バドミントン・スマッシュの打ち方!コツについて徹底解説します

投稿日:

バドミントン・スマッシュの打ち方

 

バドミントンをはじめるにあたり、多くの人が魅了されるのがスマッシュの速さではないでしょうか。ちゃんと角度があり、スマッシュが打てるようになると競技経験者としての自信がついてきますよね。

 

今現在、ギネスブックに登録されているバドミントンのスマッシュの最高速度は速度493 km。さすがにこの記録と同速度を誰でも出せるとは言えませんが、スマッシュを打つにはコツがあります。

 

参考:バドミントンのスマッシュ速度は手元にくるとき時速なんkm/h?

バドミントンのスマッシュ速度は手元にくるとき時速なんkm/h?

  バドミントンのショットの中で速度が最も出るのはスマッシュショット。その初速はギネス世界記録にも載るほどの時速493km/h。 参照元は下記のサイトからです。   参照:ギネス世 ...

続きを見る

 

このギネス記録に近づくためにどのようなことを意識して練習に取り組めばいいのか?スマッシュが速くなるためにはどうすればいいのかを解説していきます。

 

今回は項目ごとにかなり丁寧に徹底的に解説しているので、自分の今の悩みがあるところだけを読んでもらっても構いません。またその項目内にある参考リンク先のページを読めばより理解が深まることでしょう。

 

 

バドミントン・スマッシュの打ち方

バドミントンのスマッシュを打つときに初心者がやりがちな間違いとして、ラケットのグリップを常に強く握りこんでしまうこと。こうするとシャトルを打つときに手首の稼動が遅くなってしまいます。

結果としてシャトルが沈まない、もしくは速度が出ないといったケースが多くなるでしょう。

 

参考:バドミントンのグリップ・ラケットの握り方!握り替えは親指がポイント

バドミントンのグリップ・ラケットの握り方!握り替えは親指がポイント

  バドミントンのグリップ(持ち手部分)の握り方は親指の使い方が大切です。バドミントンは、ラリー(シャトルを打ち合うこと)中にグリップの握り方を打たれた場所によって変えるスポーツ。 &nbs ...

続きを見る

 

他にも初心者がやりがちなミスとして、腕の振りだけでシャトルを打つ方も多くいると思います。たしかに次の図式でも成り立つように、若干ですがシャトルの速度は上がる。

球速をあげる=ラケットヘッドのスピードを上げる=腕の振りを速くする

 

ただし体重がのっていないぶん一瞬の速さしかなく、後半は失速してしまうんですね。

したがって、バトミントンのスマッシュを打つときには、次に挙げる身体の部位の運動を意識して打つ必要が出てくる。

  • 右腕(手)
  • 左腕(手)
  • 右足
  • 左足
  • 腹筋
  • 背筋
  • 体の回転運動

ご覧いただければ分かると思いますが、全身の力を利用するのです。これらのチカラ全てを一瞬(インパクトの瞬間)のために使用します。

 

まず、握力の力を上手に利用しましょう。シャトルを捉えるインパクトの瞬間に、ラケットを支えている親指と人差し指以外の3本の指を握りこみます。こうすることによって、ヘッドスピードが速くなるのでシャトルの速度は上昇する。

 

次に身体(股関節)の回転運動が重要なポイントとなってきます。野球のピッチャーの動きを想像してみてください。バドミントンの試合よりも、テレビ中継やニュースで多く放送されているので想像しやすいでしょう。

 

バッターに向かって正面を向いて投げるのと、身体をひねって横を向いた状態から正面へと身体を戻した勢いで投げるのでは、後者のほうが速い球が投げられますよね。回転運動と腕の力、両方を使えるので球の速度が速くなるのです。

 

バドミントンでも同じことが言える。手首だけ、腕だけの力を利用してスマッシュを打つのではなく身体の回転運動を利用することでさらに速いスマッシュを打つことができます。

 

この身体の回転の軸になるのが腰。指導者によっては、半身になって打つように指導しますがこれは腰の回転を意識しやすくするため。または上半身をひねって打つようにと表現する場合もあります。

 

それだけ腰の回転を使うことが、ショットへ影響してくるので、必ず腰の回転を利用してシャトルを打てるようになりましょう。

そこで体重移動を意識することによって身体の回転、腰の回転をより習得しやすくなります。

 

普通に直立して立っている場合、両足への体重(自重)は50:50の割合でのっている。バドミントンをプレーしている中で、この両脚にかかる体重の割合が変化します。

 

オーバーヘッドストロークでシャトルを打つ場合、軸足に体重をのせて脚の踏み替えを行えと指導することがあるのですが、このときに両脚の体重バランスがどうなっているのかを考えてみましょう。

 

シャトルの落下点でインパクト(シャトルがラケットに当たる瞬間)までの間、軸足には8割の体重がのっており、残りの2割が反対の脚にのっている状態が出来上がっている。

 

そして、脚の踏み替えが行われた瞬間に、この6割が軸足とは反対の脚へと移動します。この動きが体重移動である。

 

つまり、この6割の体重移動の瞬間にインパクトさせることができれば、6割の体重分の重さをシャトルに伝えることになるので、より速いスマッシュが打てるようになるのです。

 

参考:バドミントンの体重移動を練習するなら腰回転も意識するべきである

バドミントンの体重移動を練習するなら腰回転も意識するべきである

  バドミントンにおいて体重移動の練習を重点的にやる必要はないが、体重移動の概念が理解できていないならば、練習に取り入れてみる価値はある。   特にクリアショットが相手コート奥まで ...

続きを見る

 

また腹筋・背筋を利用するタイミングはこの体重移動時だ。身体を後ろに反らしてインパクトの瞬間には腹筋に力を入れて、前傾になることで自重をしっかりとシャトルへ伝えることができます。

 

最後に着地の足がポイントになります。着地の左足の軸(右利きの場合)がぶれてしまうと、体がしっかりと回らなくなってしまいます。着地するときは回転の軸を作るということを意識しましょう。 この着地した足を軸に腰(身体)を回します。

 

さらに着地の際は同時に足の裏全体を床に着地させてはなりません。着地する足は左足のかかとは着けないで、足首の運動を利用して指の付け根部分から着くようにしましょう。着地安定性の向上に加えて、次への動きもスムーズになる。

 

着地に失敗しないようにするためには、ふくらはぎや足裏(土踏まず)の筋肉のトレーニングをして鍛えておくとイイでしょう。

軸となる足がしっかりしてくれば、身体が安定してより速いスマッシュが打てるようになる。

 

最後にラケットを持ってない腕(手)の使い方も意識してみましょう。右利きの場合は左手になりますが、その左手をシャトルを掴むように出します。シャトルが飛んできて右足から左足へ体重移動をし、腰を回転させるのと同時に上げていた左手を勢いよく振り下ろしましょう。

 

こうすることによって回転に勢いがつきます。腕を振り下ろすときに真下に下ろすのではく、後ろへ引くイメージを持つとより回転の勢いがつきやすいでしょう。

 

下記の動画では減速しないスマッシュの打ち方について解説しています。参考に一度観てみるのもいいでしょう。

 

 

スマッシュの打ち方のコツ

point

 

スマッシュを打つときに全身が最初から強ばっていては速いスマッシュは打てません。前述したとおりスマッシュを打つ瞬間にだけ力をこめる。

 

これはグリップの握りこみのことだけではないのです。全身の筋肉にも同じことが言えます。ホームポジション(センターポジション)から移動するときもスムーズに移動するためには、全身の力を入れるときと抜くときのタイミングが重要。

 

そのため打つ直前までは力を抜いたリラックスした状態で構えて、インパクトの一瞬に力をこめましょう。

 

また当然ですが、スマッシュを打つフォームを体に覚え込ませないとゲーム(試合)中にスマッシュを放つことができない。相手プレーヤーも試合に勝つためにはスマッシュを打たせようとしませんよね。そのような状況でスマッシュを打つためにはチャンスが来たらすぐにスマッシュを打てる姿勢がとれるようになりましょう。

 

まず初心者がフォームを覚えるためには、体重移動の練習に効果的なシャトル投げをするといいでしょう。さきに体重移動と腰の回転、腕の回転を利用した身体の使い方を覚える必要がある。これができていないと手首の力だけで打とうとしたり、間違った手首の使い方を覚えてしまったり、腕の振りだけで打とうとする悪いクセがついてしまいます。

 

そうならないためにも、初心者のときはこのシャトル投げをしっかりとするといいのです。

シャトル投げ練習のやり方はバックバウンダリーライン兼ロングサービスライン(シングルス)へ立って、そこからネットに向かってシャトルを全力で投げてください。

バドミントンコート図

 

バックバウンダリーラインからシャトルを投げて、ネットを越えることができたでしょうか。このとき腕の力だけでシャトルを投げるのではなく、体重移動を合わせて行うことが重要。

 

体重移動を行っただけでも腕の力だけで投げるより遠くへ飛ぶようになったのではないでしょうか。ですが、さらに腰の回転の力を使うことによってより遠くへシャトルを投げることができるようになります。

 

このシャトル投げでネットを越えることができるようになってきたら、次のステップへ進みましょう。

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





 

スマッシュを打つときの正しい手首の使い方を覚える

腕を前に伸ばして手の平を下に向けて、手招きをすように手を上下に動かしてください。この運動を掌屈(しょうくつ)といいます。初心者は間違ってバドミントンでこの掌屈運動をよくやってしまう傾向にある。

 

掌屈を使ってしまうと強いショットや、遠くに飛ばすショットは打てません。シャトルを飛ばすにはスイングスピードが速いほうがいいのですが掌屈を使うとスイングスピードが遅くなる。さらに、手首を痛める確率が上がりますのでメリットは何もありません。

 

自覚のない本人は手首に力を入れているので、なんとなく飛ばせているような気がするのですが、飛ぶような気がしているだけで、実際には大きな力のロスをしてしまっているのです。

 

正しく手首を使うには回内運動と回外運動を覚えなくてはならない。実は、無意識に日常生活の中で回内運動と回外運動を私たちは使っているんですね。それは日常生活の中でドアの丸ノブを捻って開けたり閉めたりするのを思い出してください。

ドアノブを回すときの前腕の使い方が回内運動、回外運動です。

 

この動きを意識してラケットのスイングに応用するとシャトルが遠くまで飛ぶようになり、シャトルスピードのアップにつながる。

 

体重移動を覚えて、腰の回転を使いうつ意識を持てて、インパクトの瞬間にグリップを握りこみ、腕の回内・回外運動について十分身体が覚えたらあとは全ての動作を一度に行う練習に移りたい。

 

バドミントン・タオル打ち練習(旗打ち)

バドミントンで旗打ち練習をするのは、正しいフォームの作り方(打ち方)を覚えるためである。また旗打ち練習は、バドミントンのシャトルを打つ打点が低いときの修正や、シャトルとの距離感をつかむ練習にも効果的です。

 

旗打ち練習とは、学校の体育館であれば2階の観覧席から、使い古したバスタオルやシーツなどを吊るして、ラケットを使いオーバーヘッドストロークで打つ練習方法のこと。このときタオルやシーツの代わりに使い古したシャトルを吊るしてもいいでしょう。

 

腕を伸ばして(肘は軽く曲がる程度)届く高さに調整し、『パーン』と甲高い良い音がなるまで、吊るしてあるタオルをラケットで打ちます。
ラケットの面が正面でまっすぐに当たっていれば良い音がしますが、ラケットのガット面(ストリングス面)が斜めになっていては、いい音は鳴らない。

 

なのでいい音がするようになれば、ラケット面がしっかりできているということ。インパクトの瞬間、つまりラケットがタオルに当たる瞬間に体重移動をして腰の回転の力まで加わっていれば痛快な音が体育館などの競技施設内に響き渡るはずだ。

 

この練習方法は半身からの旗打ちや、ジャンピングスマッシュの練習としてジャンプしての旗打ちなど、いろいろなパターンで応用して利用できます。

 

参考:バドミントンの旗打ち練習!正しいフォームの作り方と打ち方

バドミントンの旗打ち練習!正しいフォームの作り方と打ち方

  バドミントンの旗打ちとは、タオル打ちとも呼ばれ、オーバーヘッドストロークの正しいフォームの作り方(打ち方)を覚えるのに最適な練習法です。   最初のうちはシャトルを打たせてもら ...

続きを見る

 

 

ジャンピングスマッシュの打ち方

ジャンピングスマッシュの打ち方を大きく分けると次の3種類になります。

  • 両脚を揃えた状態で膝を曲げて跳躍する
  • 利き足へ逆足を引きつけるジャンピングスマッシュ
  • 片足跳躍のジャンピングスマッシュ

これら3種類の打ち方について順番に解説していきますね。

 

まず両脚を揃えた状態で膝を曲げて跳躍する打ち方は、比較的シャトルの落下地点に移動して、待つ時間が長い場合に使用できます。ジャンピングスマッシュの中では一番跳躍しやすく、完全に打点の後ろへと回り込み前に向かって跳躍する。

 

この打ち方がもっとも攻撃性が高くまた全身の筋肉を使えるので、全身を弓のようにしならせて打つイメージを持って打ちましょう。当然、滞空時間も長く保つことができて相手プレーヤーから見ても非常に高く飛んでいるように見えるので、一番威圧には効果的なジャンピングスマッシュ。

 

ただし、全身の筋肉がバランスよくついていないと滞空時間が長いため、バランスがとりにくいというデメリットがある。そのため試合で用いるならば、特に膝の筋肉の強化を始めとしたトレーニングを行っておいてください。失敗すると自分がバランスを崩し相手にチャンスを与えることになってしまいます。

 

参考:バドミントンでつかう筋肉は?スマッシュ速度を上げたいなら腕の筋トレ?

バドミントンでつかう筋肉は?スマッシュ速度を上げたいなら腕の筋トレ?

  バドミントンで筋肉を鍛えてスマッシュ速度をあげようと考えることは多くの人が思うことで、実際に筋トレをすればスマッシュの速度はあがります。 しかし、筋肉を鍛えるための筋トレをするだけでは、 ...

続きを見る

 

利き足へ逆足を引きつけるジャンピングスマッシュ

これをジャンピングスマッシュと分類するのかは微妙なところですが、ダブルスでロングサーブを打たれた場合に男子選手であれば、この方法で飛びついて打ちこむことができていると役に立つ。

 

特にダブルスはロングサーブが来たら攻めの姿勢を貫きたいというのは下記の記事でも言及している。

 

参考:バドミントンのロングサーブへの対応は「攻攻攻」

バドミントンのロングサーブへの対応は「攻攻攻」

  バドミントンの指導をしていたり、実際にダブルスでロングサーブ対応に悩む選手が多いとは思いませんか?中級者になってくると、ダブルスでロングサーブを受けた場合に返球が遅れるプレーヤーが出てき ...

続きを見る

 

右利きであればレシーブ体勢は左足が少し前になった状態で出ていますので、逆の右足へ左足を寄せ、体重移動を行い利き足である右足で跳躍する。

 

このスタイルだと足を入れ替える場合が多いですが、下向きにスマッシュを打っているので再び上向きのリターンが想定されるので両脚で着地する場合もあります。

 

片足跳躍のジャンピングスマッシュ

これはいわゆる飛びつきのショット。右利きであれば、飛びたい方向がフォアサイドであれば右足を使って跳躍し、バックサイドであれば左足で跳躍して打つショットです。

 

バックサイドでこの打ち方をするのであれば、ラウンド・ザ・ヘッドストロークを出来ていること。少しでも下がるならば右足で蹴り出し、左足で着地を行うことになるでしょう。

 

ラウンド・ザ・ヘッドストロークとは簡単に言うと自分の利き腕と反対側の耳の横でインパクトをすること。この打ち方ができるようになれば、ダブルス、シングルスを問わずに攻めのパターンをひとつ増やせるのでぜひマスターしてほしいテクニックです。

通常のスマッシュに自信がついたら、クロススマッシュ打ったりこのラウンドスマッシュを打てるように練習を重ねるとイイでしょう。

 

参考:バドミントンでラウンドの意味はラウンドザヘッドストロークのこと

バドミントンでラウンドの意味はラウンドザヘッドストロークのこと

  バドミントンでのラウンドという言葉の意味は、ラウンドザヘッドストロークのことをさす。教材によってはラウンド・ザ・ヘッドストロークと間に「・」を入れている場合もありますが、同じ意味です。 ...

続きを見る

 

ハイバックショット・スマッシュの打ち方

ハイバックショットはネットに対して背を向ける、つまり相手プレーヤにも背を向けるショットです。シャトルと自分の距離感が掴めない初心者には難しいショットですが、バドミントンに慣れてきたらぜひ、試合で用いて欲しいショット。

 

そのハイバックショットでスマッシュを打つには、スイングを開始するまでは身体に力を入れずリラックスした状態を保ち、シャトルの落下点へ入りインパクト時に腹筋に力を込めて肩を身体の内側へ引き込みましょう。

 

かかとから踏み込んで、身体の軸をブラさないように注意しながら、肩⇒肘⇒ラケットの順でスイングを開始すること。

 

インパクト時にはリストスタンドを意識し、それに加えて外旋運動(肘を支点に腕を外側へ回す運動)と回外運動(手の甲の方へ手首を倒す運動)を行いましょう。リストスタンド(腕とラケットの角度がV字)を意識しておく必要がある。

 

 

リストスタンドを維持できていないと、打つたびにラケットの出る位置が変わってしまうため、安定したショットが打てなくなってしまいます。

 

またハイバックショットを打つときに肘先からのしなりを意識すると、スイングスピードが速くなる。

通常のスマッシュショット同じく、スイングスピードが速くなれば、スマッシュの速度も上昇します。

 

スマッシュの打ち方についてまとめ

 

バドミントンのスマッシュの打ち方は、全身の力を使って打っているという意識をもつべき。腕だけや手首だけで打っても角度のある速いスマッシュを打つことはできません。

 

しかし、常に全身に力を入れてしまうとコート内での動きがぎこちなくなってしまいます。またスマッシュを打つときも常に全身の力を入れているのではなく、インパクトの瞬間だけ全身に力を込めるようにしましょう。

 

スマッシュを打てるようになるには、自然とシャトルが飛んできたらスマッシュを打てる姿勢がつくれるようにならないといけません。そのためには身体に動きを覚え込ませる必要がある。

 

素振りやタオル打ちを通じてフォームが固まったら、実際にシャトルを打ってみましょう。理想のスマッシュが打てるようになるまで繰り返し練習して、気持ちいいスマッシュが打てるように頑張ってくださいね。

 

 


バドミントンランキング

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-ショットの種類, スマッシュショット

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.