ルール・競技規則

バドミントンのルールでサーブフォルト(反則)になる場合は?

投稿日:2018年8月17日 更新日:

 

バドミントンのルールでサーブフォルト(反則)となる可能性が、初心者でも中級者でもありえる。

 

正しいサービスの仕方を習得できていなければ大会に出ても、ラリーを始めることなく負けることになってしまいます。

 

大会に向けて一生懸命練習してきたのに、そうなっては困りますよね?

 

今回は、バドミントンのサーブフォルトについて解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

バドミントンのルール上、不当にサーブを遅らせるのは反則

 

バドミントンでサーブフォルト(反則)になるかどうかは、競技規則書の第9条サービスにおいて定められている。

 

第9条 サービス

第1項  正しいサービスとは
⑴ サーバーとレシーバーがそれぞれの態勢を整えた後は、両サイドともサービスを不当に遅らせてはならない。

引用元:競技規則(公益財団法人 日本バドミントン協会採択)

 

なぜこのような規則があるかというと、サーブを遅らせることによってフェアな試合ができなくなってしまうから。どんなスポーツにもありますが、試合には『流れ』があります。

 

どちらかがサーブを遅らせることによって試合の『流れ』が変わらないように、このように定めてある。

 

プロの試合でタオルで汗を拭いたり、給水をするシーンが見られますがあれはきちんと主審に許可をもらっているから。

 

なので、あれらの行為は不当にサーブを遅らせる行為にあたらない。

 

ただし、何度もタオルで汗を拭いたり、給水をする行為が許可されない場合もあります。何度もやると「息切れや体力回復行為」とみなされてしまうからです。

 

一言アドバイス
この判断は主審に委ねられています。サーブができる体勢になったら正当な理由がない限りは、すぐにサーブをするようにしましょう。

 

 

バドミントンでサーブを正しく打つには?

バドミントンコート図

※画像をクリックすると拡大できます。

画像引用元:競技規則(公益財団法人 日本バドミントン協会採択)

サーブを打つ場合はサービスコートの境界線に触れてはダメ

この理由については、バドミントンをすればなんとなく分かるかと思います。

 

ロングサービスを打つならなるべく遠くに打ちたいですよね?

 

その気持ちが出すぎて前進し過ぎて、上図のショートサービスラインに足が触れてしまうことがあります。これがフォルト(反則)。

 

同じ理由で、センターラインを踏んでしまう可能性もあるので、注意しましょう。

 

サーブを打つとき、サーブが打ち終わるまで足を動かしてはいけない

俗に「フットフォルト」と呼ばれるフォルト(反則)です。厳密には競技規則書に下記のように書いてあります。

 

第9条 サービス

第1項  正しいサービスとは

~中略~

⑷ サーバー及びレシーバーの両足の一部分は、サービスを始めてから(本条第2項参照)サービスがなされるまで、(本条第3項参照)、その位置でコート面に接していなければならない。

 

引用元:競技規則(公益財団法人 日本バドミントン協会採択)

 

これは練習中から意識できていないと、試合中になかなか改善できません。例として下記の2つが挙げられる。

 

  • 足が床の上をすべっている。
  • 足が床から離れてしまっている。

 

プロ選手の足が動いているように見えるかもしれませんが、あれは床を踏んでいるだけなのでOK

 

つま先の一部でも床に触れていればフォルト(反則)にはなりません。

 

フェザーショットは反則である

ひと昔前に羽の部分を打って変化球を打つサーブがあり、それだけで試合が終わってしまうこともありました。

 

そういう経緯があって、現在では羽部分だけを打ってサーブをするとフォルト(反則)となる。このことについては競技規則書の

第9条第1項(5)に記載が次のように書いてあります。

 

第9条 サービス

~中略~

⑸ サーバーは、ラケットで最初にシャトルの台を打つものとする。

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





未経験顧問が初心者

 

引用元:競技規則(公益財団法人 日本バドミントン協会採択)

 

 

シャトルが腰より下にある状態でサーブは打つ

これは競技規則書の第9条サービス第1項の(6)(7)に該当。また平成30年が8月1日に競技規則の改定が発表され、(6)②が追記されました。

 

第9条 サービス
第1項  正しいサービスとは

~中略~

①サーバーのラケットで打たれる瞬間に、シャトル全体がサーバーのウエストより下になければならない。ここでいうウエストとは、肋骨の一番下の部位の高さで、胴体の周りの仮想の線とする。

 

②実験的に判定装置を使用する場合については、サーバーのラケットで打たれる瞬間に、シャトル全体が必ずコート面から1.15m以下でなければならない。(一部の国際大会を除いて平成30年度は採用しない)

 

⑺ サーバーが持つラケットヘッド及びシャフトは、シャトルを打つ瞬間に下向きでなければならない。(上記⑹②の施行の
場合は本項は削除)

 

引用元:競技規則(公益財団法人 日本バドミントン協会採択)

 

(6)はウエストの高さより上から、速い攻撃的なサーブを打つことを禁じる目的で定められています。

 

その代わりに、旧ルールの「アバブザハンド」と呼ばれていたルールが緩和されました。「アバブザハンド」とはラケットヘッドの全体が、ラケットを持っている手全体より下でなければならないというものでした。

 

このルールが緩和されたのは、新ルールになってサーブポイント制からラリーポイント制になったことにより、サーバー側が明らかに不利だという見解がでたからだと推察できる。

 

参考:バドミントンのルールでフォルトとなる場合は?名称と種類を徹底解説!

 

サーブを途中で止めるのは反則

バドミントンのルールでは、サーブで試合が決まってしまうことがないようになっています。そのためサーブを始めたら、途中でラケットの動きを止めるのを禁じている。

 

さらにフェイントをするような行為も禁じています。

 

一言アドバイス
サーブで得点を得ようなどとは考えないようにしましょう。

 

シャトルの飛ぶ軌道も決まっている

競技規則書には、下記のように難しく書いてあります。

 

第9条 サービス
第1項  正しいサービスとは

 

⑼もし何ものにも妨げられなかったならば、シャトルは、レシーバーのサービスコートの内(境界線の上または内)に落ちるようにネットの上を通り、サーバーのラケットから上向きに飛行しなければならない。

 

引用元:競技規則(公益財団法人 日本バドミントン協会採択)

 

極端な例を出すと、テニスのようにシャトルを上空に投げて打ち込むようなサーブは認められないということ。

 

一言アドバイス
"何ものにも妨げられない''とありますが、ネットにシャトルが触れて相手のコートへ入るのは問題ありません。

 

空振りも反則!?

空振りが反則というと少し大げさですがフォルト(反則)扱いになって、相手の得点となる。空振りをしたからといって打ち直しができるわけではありません。

 

あまり褒められることではありませんが、ラケットのフレーム部分に当たって相手のコートに入ったらフォルトにはなりません。

 

スポンサーリンク

 

ダブルスでは、サーブをしない人の立ち位置によっては反則になる

 

基本的にサーバー側もレシーバー側もそれぞれのパートナーはレシーバーの視界をさえぎらない限りコートのどこにいても良いことになっている。

 

つまり、サーバー側のパートナーがサーブを見えないように立つことはフォルト(反則)になります。

 

一言アドバイス
バドミントンは、紳士・淑女のスポーツです。卑怯なことはやめましょう。

 

参考:バドミントンのダブルスでのサーブの打ち方とコツ

 

 

まとめ

 

バドミントンのルールの中でもサーブについては、こまかく書かれている部類になります。それだけサーブは重要。

 

大会に向けて練習をしているのですから、大会当日になって今までやっていたサーブがフォルトで使えないとなっては悲しすぎますよね。

 

サーブは特に細かく規定されているので、競技規則書を今一度読み直してルールの不明点をなくすようにしましょう。

 

参考:バドミントンの主審が使うコール~言葉・セリフ~をマスターしよう!

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-ルール・競技規則

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.