ショットの種類 ドライブショット

バドミントンでドライブを打つときフォア・バックと持ち替えをするべきか

投稿日:2018年10月9日 更新日:

 

バドミントンでドライブと言えば、ドライブショットのことです。シャトルの軌道はネットの白い線ギリギリを通過して地面と平行に飛んでくるので、フォアハンドで対応すべきかバックハンドで対応すべきか迷ってしまいますよね。

 

速く飛んでくるシャトルに対して、グリップを持ち替えるかどうかを一瞬で判断しなければなりません。

 

これができていないとラケットを振り遅れてしまうこととなり、浮いたドライブになってしまうので、相手プレーヤーへチャンスを与えることになってしまいます。

 

今回はドライブを打つときにグリップは持ち替えをしたほうがいいかどうかについて、お話しします。

 

 

本記事参考教材:有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~

 

バドミントンでドライブを打つときはフォアハンド?バックハンド?

バドミントンでドライブを打つときはフォアハンドとバックハンドどちらがいいか、結論から言うとバックハンドのほうが広い範囲が処理できるのでバックハンドが望ましいと言える。

 

しかし、状況に応じて持ち替えができるのが理想です。ただバックハンド(サムアップグリップ)なら親指で押しこむ感覚がつかみやすいので打ちやすいと感じることができるでしょう。

 

フォアハンドでドライブを打つときのコツ

シャトルスピードが速いドライブのラリーは、バックハンドとフォアハンドの切り替えが大切。

 

基本的にはドライブはバックハンドを中心に打ちますが、フォアサイドは上から攻撃できるときに打つことが多いので、グリップをバックからフォアに握り替える早さも意識するといいでしょう。

 

またシャトルをラケット面に当てるだけで終わらないように、インパクトの瞬間にグリップを“グッ”と握り込んで打つこと。

グリップと手の平の間に空間をつくることによって、グリップを握りこむ動作でラケットが動きます。こうすることによってさらにシャトルに勢いをつけることができるのです。

 

参考:バドミントンでスマッシュが速く打てない・遅いなら握力を鍛えよ!

バドミントンでスマッシュが速く打てない・遅いなら握力を鍛えよ!

  バドミントンで一番かっこよく華のあるショットは間違いなくスマッシュである。バドミントンをスポーツとしてプレーするならば、誰だってスマッシュは速く打ちたいと思うもの。   バドミ ...

続きを見る

 

バックハンドでドライブを打つときのコツ

バックハンドで打つときは力をいれにくく、また打点が後ろ(体の近く)になりがち。その原因は、テークバック(ラケットを後ろへ引くこと)を大きくとり過ぎているため。

 

肩・ヒジを大きく引くのではなく、腕の外旋(体の外側へ腕を開くこと)と手首の回外運動(手の甲へ腕を回すこと)を使って打つようにしましょう。そしてバックハンドでのポイントは、インパクト時に親指で押すイメージを持つことである。

 

特に、バックハンドでしっかりとドライブが打てるようになれば、空いているコースを狙われても、素早く打ち返すことが可能となります。

 

バックハンドのドライブのコツは、シャトルに近いほうの足を、1歩踏み出すこと。

つまり、床にべったりと足の裏全体が着いた状態ではいけません。つま先立ちの状態でシャトルが飛んできたら足を出して打つようにしましょう。

 

 

ドライブショットの練習方法

 

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





未経験顧問が初心者

ドライブは床と並行に直線的に打ち込むショットで、体の正面で打つため捉えやすくラリーもしやすいのが特徴。ラリーをつなぐ感覚を得るためには、ドライブが最適と言えるでしょう。

 

コートの半分(センターラインを境界線とする)の1対1でコートの真ん中あたり(ショートサービスラインとロングサービスラインの中間あたり)に立ち、距離の短いラリーを行ってみましょう。

この練習ではラリーをつなぐことを重視して、軽く打ち合う程度が良いです。またこの練習で意識することは、シャトルとラケット面のインパクトのタイミングを合わせることです。

 

正面に直線的に飛んでくるシャトルに対してのタイミング感覚を養えば、高い軌道や落ちる軌道に合わせるショットへとステップアップすることができるでしょう。

 

リターンしたらすぐラケットヘッドを上げる

確実にシャトルとラケット面を合わせられるように、相手が打って来たら肘を上げてラケットを寝かせ、肘から先の動きでスイングできる構えを作ること。イメージとしてはグリップ底面部を相手に見せることを意識すると良いでしょう。

 

相手のコントロールがズレた場合は、フットワークのサイドステップやクロスステップで移動して対応するようにしましょう。

 

参考:バドミントンのステップ・フットワークについて!上達のコツと種類

バドミントンのステップ・フットワークについて!上達のコツと種類

  バドミントンのステップとはフットワークのことで、上達にはコツや意識したいことがあります。   日常で使う歩行時は左足、右足と交互に動かしますが、バドミントンでフットワークを使用 ...

続きを見る

体の斜め前でのインパクトを意識

体の斜め前、目線の高さでシャトルを打てるようにスイングしましょう。この時のポイントは、ラケットヘッドを起こす意識で動くこと。

 

肘より先の腕によるスイングで、十分にシャトルを飛ばすことが可能です。逆に腕全体を使った大振りになると、コントロールが乱れてしまうので注意が必要になる。

 

肩を動かさず肘を支点として、打つときは手首は柔軟に使うことがポイントです。

 

バックハンドだけでドライブのラリーをする

フォアハンドで打てるようになったら、バックハンドでのドライブ練習を行いましょう。手の甲を外側へ倒す回外運動を使って打つ感覚を掴むこと。

 

バックハンドは肘の屈折運動で打つのではありません。リストスタンド(ラケットと腕がV字の形になる持ち方)をしっかりとして、回外運動をするようにして打つようにしましょう。

 

参考:バドミントンでは手首を固定して打つ!?正しくは回内の運動が重要

バドミントンでは手首を固定して打つ!?正しくは回内の運動が重要

  バドミントンでは手首は固定して回内運動を使ったほうがよくシャトルは飛びます。しかし、この手首の使い方を間違えてしまうと、なかなかシャトルの飛距離は伸びません。   ラケット性能 ...

続きを見る

なぜバックハンドだけで打つのかというと、バックハンドの方が守備範囲が広いから。実際にやってみれば分かりやすいのですが、フォアハンドの範囲もバックハンドで処理が可能。

 

そのため最初にバックハンドに限定して練習をすることによって、バックハンドでドライブを打つ実力を上げることを目標にするといいでしょう。

 

 

ドライブショットを打つときは可能な限り持ち替えを

 

ドライブのポイントは、体の斜め前でシャトルをとらえることです。大振りのプレーヤーはテークバックが大きくなるために打点が身体に近くなってしまい上手く打てないので、スイングをコンパクトにして鋭くラケットを振ることによって、ヘッドスピードを上げることを意識しましょう。
また、ラケット面をまっすぐに押すように打つとシャトルが沈まないので、インパクト時にラケット面をかぶせるようにスイングすること。ただし、腕だけでシャトルの軌道を変えようとするとネットに引っかかってしまうので、手首や指を使うイメージを持つといいでしょう。

 

さらに下半身の使い方で気をつけるのは棒立ちにならず、カカトを浮かせた状態をキープすること。手だけ腕だけで打つようにならないようにインパクトと同時に足を前に出したり、体とラケットの間に空間を作ってテークバックの空間を作るなどといった工夫も必要。

 

バドミントンは全身運動なので、このように全身を使って打つことを習慣づけると、強い球はもちろん、さまざまなコースに打ち分けをすることもでるようになるでしょう。

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-ショットの種類, ドライブショット

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.