ショットの種類 スマッシュショット

バドミントンでスマッシュが打てない多くの原因は手首・打点にある

2018年9月10日

 

バドミントンでスマッシュが打てないと言っても、「打てない」のレベルに差がある。

 

  • スマッシュを打つとなると空振りする
  • そもそもネットを越えない。シャトルを床に叩きつけてしまう
  • スマッシュを打っているつもりが全然角度がつかない
  • スマッシュの角度はあるが速度がもっとほしい

 

挙げていけばきりがないぐらいスマッシュに対する悩みはあるでしょう。それは個々人の実力によって変わってくるので、当然のこと。

 

今回はスマッシュの基本的な打ち方についてお話ししていきます。

 

 

本記事参考教材:有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~

 

バドミントンでスマッシュが打てない原因

結論から言うとバドミントンで理想のスマッシュが打てない原因は、手首の使い方、インパクト(シャトルがラケットに当たる瞬間)のタイミングでの打点に問題がある。

 

スマッシュを打つときの手首の正しい使い方

スマッシュを打つときの手首の正しい使い方と見出しをつけましたが、正しくは肘から先の回内運動(うちわで自分を仰ぐ時の手首の動きのこと)がしっかりと行えているかが重要。

 

この回内運動が正しくできず、扉をノックするときの手首の使い方をしてしまう初心者が多いです。そうなっている選手のフォームを確認するとラケットが頭上に来た時に、ラケットのシャフトの向きがほぼ地面と平行になっている。

 

このレベルにいるのであれば、オーバーヘッドストロークのフォームも見直す必要がある。おそらくこの回内運動を使って打てていないプレーヤーはクリアショットも飛んでいないはずです。

 

まずは、オーバーヘッドストロークのフォームを復習しましょう。このことについてはバドミントンできれいなフォームで打つには?素振りで改善するポイントの記事でお話ししているので、スイングに課題を感じている人はぜひ参考にしてみてください。

 

普段意識することのない回内運動ですが、日常生活の中で何気なく使っています。例えば丸いドアノブを回すときの運動であったり、ビンのフタを開ける動作も回内運動。

 

基本として、手首の向きはリストスタンドされているので腕とラケットのグリップはV字になっていなければならない。その上で回内運動が行われれば、スマッシュは打てます。

 

スマッシュを打つときの正しい打点とは

スマッシュを打つときの正しい打点とは、自分の体の中心よりやや前方あたりが望ましく、インパクトの瞬間にはラケットの面と床の角度は60度ぐらいになっているのが理想である。

 

スマッシュに角度をつけようとして、むやみやたらに腕をおもいきり伸ばして、なるべく高いところで打とうとしようとしても意味はありまえせん。下手をしたら肩の故障の原因となりますし、何より無駄な力が入ってしまって不自然なフォームとなる。

 

スマッシュが浮いてしまうという場合はこの打点が間違っていることが多いです。正しい打点はハイタッチをするぐらいの高さが理想。顔が正面を向いており、自分の手が視界に入るぐらいがベスト。

 

 

正しいフォームを身につける

冒頭であげた「スマッシュを打つとなると空振りする。」・「そもそもネットを越えない。シャトルを床に叩きつけてしまう。」

 

一言アドバイス
この2つに該当するプレーヤー、もしくは初心者はまずは正しいオーバーヘッドストロークを体に覚え込ませることから始めましょうね。

 

オーバーヘッドストロークの正しい順番は下記の通りです。

バドミントン上達の秘訣を公開!!

◎東京オリンピック2020の代表候補を指導するコーチが監修!

◎プロの指導者がどのように教えてるか公開!

今やっている練習が実力につながっているか不安なら必見です!下記の画像を今スグにタップしましょう!!

>>>>>日本代表コーチが教える練習方法を知りたいならココをタップ!<<<<<



この極意について評判が知りたい方は、下記の記事を読んでみてくださいね。
バドミントン・シングルス バドミントンナショナルチーム(A代表)コーチ中西洋介 監修
【桃田賢斗の指導者】バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意【中西洋介コーチ監修】

  この教材の最大の魅力は国内のトップ選手と同じ練習メニューが分かることと、その練習の意義がしっかりと学べる点。 普段の練習では言われた通り、またはいつもと同じ流れで同じ練習メニューをただな ...

続きを見る

 

  1. 体を半身にしてシャトルの落下点に正確に入る。
  2. 利き足に全体重をのせて、溜めを作る
  3. インパクトの瞬間に合わせて、大きく足を一歩踏み出す勢いで足を前に出す

 

このスマッシュの打ち方のポイントは、クリアの打ち方と同じ。そのため、クリアがちゃんと打てているならあとは打点の位置が間違っている場合が多いです。

 

クリアの方がスマッシュを打つときより打点が後ろになっているだけなので、この打点を変えるということだけで、クリアとスマッシュの打ち分けができるのです。

 

クリアの打ち方については、下記の記事を参考にしてください。

 

参考:バドミントンのクリアを遠くに飛ばすポイントは手首・足・打点!

 

 

スマッシュが打てるようになるための練習

 

まずはスマッシュの感覚をつかむ

スマッシュの感覚をつかむためにはネット前での「アタックノック」が適しています。やり方はノッカー(シャトルを出す人)に、ネット前でふわっとした軌道でシャトルを投げてもらい、それをラケットで打って相手コートになるべく角度をつけて打ち込む。目標としては、相手コートのショートサービスライン上です。

 

この練習の目的は打点を前に持ち、下向きに強く打つという感覚を覚えること。慣れてきたらノッカーがシャトルを出すスピードを上げたり、あえて高さを低めに出したりするなどして、バリエーションをつけると素早い構えができるようになります。

 

このノックはシャトルへのダメージが大きいので、基礎打ちで使用できなくなったような羽の欠けたシャトルを使用することをオススメします。

 

参考:バドミントンのノック!初心者がすべきノックの仕方とは?

 

シャトルの落下点へ移動しスマッシュを打てるようになる

ネット前でのアタックノックで下向きへ打つ感覚が掴めるようになったら、実際にコートのホームポジション(ショートサービスラインとセンターラインがクロスした場所からラケット約1本分ぐらいの場所)からシャトルの落下点へ移動してスマッシュを打つ練習をしましょう。

 

このとき、ノッカーはラケットを使用してシングルスのロングハイサービスのような高い軌道でシャトルを出してください。

 

この練習の際にあまり軌道の低いシャトルを出してしまうと、アタッカーがシャトルの落下点に入ることができず、正しいフォームで打てないことになるので最初のうちは山なりの軌道でシャトルを打ち出すようにすること。

 

 

まとめ

 

バドミントンの花形とも言えるスマッシュですが、まずは相手コートへしっかりと沈むように打てるようになりましょう。そのためには腕の回内運動を意識することと、打点を前にという意識を持つこと。

 

スマッシュを打つフォームは、クリアとドロップと同じオーバーヘッドストロークです。これらのショットの打ち分けはヘッドスピードや打点を調整することにより打ち分けをしていくことになる。

 

正しい基本フォームでスマッシュが打てるようになってきたら、さらにレベルの高いジャンピングスマッシュへ挑戦していくといいでしょう。

 

 

負け続けはイヤですよね

もしも日本代表選手のコーチに教えてもらえたら、試合で勝てるようになると思いませんか。日本を代表する指導のプロからですよ?

そのプロの指導方法が下記で公開されています。今すぐタップして内容をアナタ自身の目で確かめてください

>>>>>日本代表コーチが教える必勝法を知りたいならココをタップ!<<<<<

-ショットの種類, スマッシュショット

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2020 All Rights Reserved.