戦略・戦術・指導

バトミントンが上手くなるコツ!上達しないのはなぜか?

投稿日:2018年10月24日 更新日:

 

バトミントンが上手くなるコツが知りたい!なかなか上達しないのはなぜかと考えるのはごく自然なことです。誰でもうまくなるために練習をしているのです。

 

そして試合に勝ちたい、スマッシュをかっこよく打ちこめるようになりたいと理想の自分へ近づこうとするもの。しかし、現実はそんなに甘くないですよね?努力量に応じて、必ずしも成果が得られるとは約束されていない。

 

今回はバドミントンが上手くなるコツと上達しない理由について考察します。

 

 

参考教材:バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

 

バトミントンが上手くなるコツはあるのか?上達しない理由とは

まずバトミントンが上手くなるコツが存在するのか?そして上達しない理由は何かが気になりますよね?結論から言うと、上手くなるコツは常に考え続けること。

 

上達しない理由があるとすれば、それは間違った練習をしているか練習の目的を見失っている可能性があります。バドミントンが上達しない・上手くならないのは練習の方法が悪い?の中にも書いてあるのですがプラトーの時期である可能性がある。

 

これは簡単に言うと実力の向上の停滞期のようなもので、今までと同じ練習ではレベルアップができなくなっている状態を指します。

 

この状態を解決するには、新たな目的意識を持つことが大切。それによって達成感を得られた時に実力が向上していると言えるでしょう。

 

 

バドミントンが上達しないのはなぜか

 

これはバドミントン以外のスポーツでも言えることなのですが、イメージが大切なのです。自分がイメージして描いている動きと実際に動いている体は、ずいぶんズレが存在しています。

 

したがって、どんなに上手い人から指導を受けても、レッスン動画などを見ても、自分の動きに反映されていなければ、まったく上達しません。


特に大きな動きほど、ズレが大きくなっていると言えるでしょう。

 

ドミントンでいう大きな動きは、スマッシュ、ドロップ、クリアなどのオーバーヘッドストローク系ショット。

 

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





未経験顧問が初心者

この動きは全身の筋力を使うことによって、より速いスマッシュ、またスマッシュと見分けのつかないフォームのドロップやクリアなど、体の動きが大きいショットでも同じように打てていなければなりません。

 

大事なのは、上手い選手とあなた自身の動きを見比べてどこが違うのかに気づき、そこを修正するようにしていかないと上達していけないのです。

 

それでも上達を感じることができないならば、専門教材を買ってあなたの中にあるバドミントンの概念を変えてしまうこと。バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組では体系的にバドミントンの練習方法についてまとめられており、非常にオススメです。

 

 

バドミントンの練習を休む勇気

誰でも老若男女問わず毎日365日休まず練習していれば、バドミントンは上達するのかと言えばそんなことはありません。

 

小学生、10代前半であれば、毎日のように練習をして心肺機能、バドミントンに必要な運動神経回路をできるだけ養った方が良いのですが、10代後半、20代になると、体の成長が止まってしまうため、毎日の運動は逆に負担となっているだけの可能性がある。

 

したがって、体はある程度の練習をしたあと、充分な休養を取り回復をさせたほうがいいということ。疲労感を残したまま次の練習に臨んでも成長はしないと考えるべきでしょう。

 

また常に練習できる環境下におかれるとシャトルを打つという行為が、習慣となってしまってプラトーに陥りやすくなる可能性が否定できない。

 

つまり、練習を休む勇気を持つということ。実際に体の疲労感がしっかりとれると練習にも集中できますし、限られた時間でしかシャトルを打てないとなれば、集中力も目的意識も自然と上がるので効率のいい練習にもつながるでしょう。

 

もちろん、体に負担の少ない練習を自宅などで行ってもいい。しかし、その場合は必ず目的意識と時間を決めて実施すべきです。自宅でもできる練習方法については下記の記事でお話ししていますので、参考にしてみてください。

 

参考:バドミントンの壁打ちを家でやる!自宅で使える壁打ち専用の板がある!?

 

 

まとめ

 

今回は2つのことについてお話ししました。ひとつはバドミントンが上達するコツは上達した自分のイメージを持つということ。もうひとつは休みをとって疲労感をなくして練習に臨んだ方が上達を感じやすく、また成長する可能性も上がるとお伝えしました。

 

中学・高校の部活動であれば、体育館が使えない日は走り込みなどで練習をして、休まず練習してもいいかもしれません。しかしそれが原因で、シャトルを打つときに体調が万全じゃないというのは望ましくありません。

 

一言アドバイス
ときには休むということも、立派な上達のテクニックだと覚えておきましょうね。

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-戦略・戦術・指導

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.