ショットの種類 ドライブショット

バドミントンでドライブを打つときのラケットの持ち方のポイント

投稿日:2018年10月16日 更新日:

 

バドミントンでドライブを打つときのラケットの持ち方=グリップの握り方に悩む人は多いです。しかし、ある程度の実力になるとバックハンドで広範囲がカバーできるようになります。

 

ドライブショットは、ネットの白い線ギリギリを通過して地面と平行に飛んでくるので、フォアハンドで対応すべきかバックハンドか迷ってしまいますよね。

 

そんなとき大切になってくるのがラケットの持ち方=グリップの握り方なのです。今回はドライブを打つ際のラケットの持ち方についてお話ししていきます。

 

 

本記事参考教材:有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~

 

バドミントンでドライブを打つときのラケットの持ち方

 

まずバドミントンでドライブを打つときのラケットの持ち方つまり、グリップの握り方には3種類ある。それぞれの特徴について解説しますね。

 

フォアハンド(イースタングリップ)で打つ

シャトルスピードが速いドライブのラリーは、バックハンドとフォアハンドの切り替えが重要なポイント。

 

フォアサイドでは上から攻撃できるときに打つことが多いので、グリップをバックからフォアに握り替える早さを意識するといいでしょう。

 

また、ドライブで狙うべき場所は相手コートのダブルスのロングサービスラインのあたりを狙うこと。中途半端な高さで上向きにシャトルを打ってしまうと、あなたが不利な状況に陥りますので注意が必要です。

 

バックハンド(サムアップして打つ)

バックハンドで打つときは力を入れにくく、また打点が体の近くになりがちです。その原因は、テークバック(ラケットを後ろへ引くこと)を大きくとり過ぎているから。

 

肩・ヒジを大きく引くのではなく、腕の外旋(体の外側へ腕を開くこと)と手首の回外運動(手の甲へ腕を回すこと)を使って打つようにしましょう。そしてバックハンドでのポイントは、インパクト時に親指で押すイメージを持つこと

 

特に、バックハンドでしっかりとドライブが打てるようになれば、空いているコースを狙われても、素早く打ち返すことが可能となります。

 

一言アドバイス
シャトルの面の向きを変えて、クロスに打つなどして相手プレーヤーを翻弄できるようになると、試合を有利に展開することができるでしょう。

 

ウエスタングリップで打つのはダメなのか?

ウエスタングリップは、ドライブ以外のショットに対応しにくいため初心者の段階でイースタングリップ(フォアハンド)に矯正されることが多いです。

 

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





未経験顧問が初心者

しかし、ウエスタングリップのメリットは、シャトルに対して面を合わせるのが楽なこと。例えば、ドライブ以外でもプッシュショットでウエスタングリップを用いるのは非常に有効。

 

これらのショットは基本的にダブルスの前衛の選手が使用するシーンが多いです。そのためダブルスで前衛に居るときは、ウエスタングリップか、イースタングリップとウエスタングリップの中間であるコンチネンタルグリップで構えている方が、リターンしやすくなるでしょう。

 

参考:バドミントンでドライブを打つときフォア・バックと持ち替えをするべきか

バドミントンでドライブを打つときフォア・バックと持ち替えをするべきか

  バドミントンでドライブと言えば、ドライブショットのことです。シャトルの軌道はネットの白い線ギリギリを通過して地面と平行に飛んでくるので、フォアハンドで対応すべきかバックハンドで対応すべき ...

続きを見る

 

ドライブを打つときの持ち方は状況に応じて変えること

いろんなバリエーションの握り方の中の、中間を採るとイースタングリップかコンチネンタルグリップになると言えるでしょう。

 

つまり、ニュートラル状態(ラリー開始時)にイースタングリップか、コンチネンタルグリップで構えておけば、そこから最小限の握り替えで複数あるバリエーションの握り方が可能。

 

したがって、初心者の場合はまず、フォアサイドはイースタングリップ、バックサイドは親指で押す感覚を掴みやすいサムアップグリップからスタートするのがよいでしょう。

 

バドミントンのグリップの基本の握り方のひとつとして、親指と人差し指を支点として持つスタイルがあります。したがってこの場合には、残りの指は添えるだけで、インパクト(シャトルがラケットに当たる)時までは、脱力した状態。

 

他のスタイルの例としては、イースタングリップで薬指と小指を支点に握るか、コンチネンタルグリップ(イースタングリップとウエスタングリップの間の持ち方)で持っておく構えが存在しています。

 

参考:バドミントンのグリップの握り方!握り替えは親指がポイント

バドミントンのグリップ・ラケットの握り方!握り替えは親指がポイント

  バドミントンのグリップ(持ち手部分)の握り方は親指の使い方が大切です。バドミントンは、ラリー(シャトルを打ち合うこと)中にグリップの握り方を打たれた場所によって変えるスポーツ。 &nbs ...

続きを見る

 

ドライブを打つときは持ち替えをしっかりしたほうがよい

 

ドライブに限ったことではありませんが、バドミントンには利き手側のフォアサイドと、その反対側のバックサイドが存在します。したがって、その都度フォアサイドとバックサイドでグリップを持ち替えるのがベスト。

 

フォアサイドはイースタングリップ、バックサイドはサムアップグリップに持ち替えて打つことに慣れていきましょう。慣れてきたら、ウエスタングリップで打ってみたり、ラケットの面の向きだけを変えて逆サイドに打ってみたりするとドライブが上達します。

 

シングルスより、ダブルスで使用されることが多いのがドライブショット。ダブルスのプレーヤーを目指すならば、ドライブショットの練習は特にしっかりとしましょう。

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-ショットの種類, ドライブショット

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.