フットワーク

バドミントンのフットワークの教え方!コート奥への下がり方と練習方法

投稿日:2018年9月22日 更新日:

 

バドミントンのフットワークの教え方は、バドミントンをプレイしていくうえで重要な役割を担ってきます。コートの中で前後左右を自由自在に動けなければ、バドミントンの試合で勝つことはできない。

 

そして多くの選手が悩みつまずくポイントは、後方へ下がる動きです。なぜこの動きでつまずくかというと、日常の生活において後ろ向きに下がる動作をすることがないから。

 

今回はフットワークの教え方とコート奥へ下がるための練習方法についてお話ししていきます。

 

 

本記事参考教材:有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~

 

バドミントンのフットワークの教え方について

バドミントンのフットワークの教え方は、いきなりノック練習をしてシャトルを打つのではなくまず、素振りから教えるとよいでしょう。

 

シャトルに向かってむやみやたらに全力疾走ではなく、効率のよい足運びを教えてあげることが重要。

その選手が効率よく素早い対応をできるのであれば、フットワークのスタイルをひとつに決める必要はありません。

 

また相手選手からのショットに合わせて適切なリターンができるのであれば、ひとつのフォームだけでしか打てないよりも複数のフットワークを組み合わせて打てる方がよいでしょう。

 

バドミントンのフットワーク・ステップの種類

フットワークの種類は何種類かに分けることができますが、どれが正解というものはないでしょう。フットワークを分類すると次のように分けることができます。

 

スキップ(ランニングステップ)

ネット前へ移動するときに使います。またコート奥からセンターへ移動するときにもこのスキップ(ランニングステップ)で移動していると言えるでしょう。

 

多くの場合は利き腕と反対側の脚から蹴りだし、フォアサイド・バックサイド前へと移動しますが、大股でスキップするように移動するステップがスキップ(ランニングステップ)。

 

ツーステップ

ツーステップもネット前に移動するときに使います。シャセとも呼ばれるこのツーステップは動きたい方向に片方の足を出して、そこへ反対側の足を引きつけるようにして移動します

 

このツーステップ移動だと上半身が安定することに加えて、ジュニア選手や女性などの身長が低い方でも無理なく移動できることがメリットとなる。

 

サイドステップ

コートの左右に動くとき、特にスマッシュレシーブの際などに使います。サイドステップは、両足を肩幅ほどに開き、右側に進む時は右足、左側に進む時は左足から跳躍して進む。

 

特に素振りでフットワークだけの練習の時は、ホームポジション(コート中央付近)に戻る意識をしっかりと持つこと。フォアサイドかバックサイドへ片方のサイドへ繰り返し移動する練習の場合は特に注意が必要です。

 

サイドへの移動練習をするときはフォアサイド・バックサイド交互に移動して練習するといいかもしれませんね。

 

またサイドのフットワークの際は、移動した方向に体重が完全にのせないように意識することと、着地の際はかかとから着地して、着地してからインパクトすることを意識して下さい。

 

クロスステップ

クロスステップは飛んでくるシャトルに、足を交差(クロス)させて前後に移動する際に使います。交差させる足が反対側の足前を通るか後ろを通るかによって呼び方が変わります。

 

前を通す場合をクロスオーバーと呼び、後ろを通す場合は、クロスビハインドと呼びます。

 

クロスステップの練習はチャイナステップ練習を取り入れると良い。

正面に体を向けたまま、腰をひねって左足を体の前で交差させ、次に右足を出して、左足をを体の後ろで交差させます。

 

参考:バドミントンの練習にチャイナステップ練習を取り入れる

 

バック走

シャトルがコートの奥に飛んできたとき、相手コート・プレーヤーのほうを向きながらコート奥に下がる必要が出てきます。

 

相手コートに背を向けて走るのは、バドミントンを始めたばかり、特に初心者のうちは、どこに落ちるか分からなくなってしまうから心配になりますよね。

 

最初のうちは転んでしまいそうで怖いかもしれませんが、しっかりと前を向いた状態で後方に走ることに慣れるようにしましょう。始めはゆっくりで構わないので、徐々にスピードを上げていくようにすると良いでしょう。

 

バックツーステップ

前述したツーステップがネット前への移動に使うのに対し、バックツーステップはホームポジションからコート奥への移動で使います。

 

たとえばフォアサイドでは左足を右後ろに1歩だし、左足と右足が縦に並ぶようにする。続けて、右足を出して移動を行います。

逆サイドのバックサイドでは左足を1歩だし、右足を左足にひきつけて、再度左足を出すこと。

 

しかし、どちらの足から出しても移動に支障がなければ良いでしょう。バック走と似ているとも言えます。

 

後ろは見えないので、はじめは恐怖心からもたついてしまうかもしれませんが、まずはゆっくりと行い、足運びに慣れてきたらスピードを速めて、リズミカルに動けるように練習をしましょう。

 

 

バドミントンのフットワークの基本は6方向

サイドのフットワーク

移動距離が一番短く済むのがこのサイドのフットワーク。つけくわえて言うならば、真正面(ネット前中央)とホームポジション(センターラインとショートサービスラインが交差したところからラケットおよそ1本分下がった場所)から、まっすぐ下がるフットワークが最短距離での移動となります。

 

この移動距離が短く済む場合は、利き手と反対側の足を軸足として移動しましょう。中学生以上であればサイドへの移動は1歩の跳躍で届くはずです。

 

一言アドバイス
私も中学生時代に1歩でレシーブしていました。サイドへのショットは飛んでくるシャトルの速度が速い場合が多いので1歩でなければ間に合いません。

 

もし、1歩で届かない場合はつぎ脚をして移動をしてください。無理に1歩で跳躍して体勢が崩れてしまうようであれば、つぎ脚をして確実なリターンを心がけること。

 

サイドのショットへのリターンでクロスステップやランニングステップを使うと、シャトルに近づきすぎてしまい自身の体に近い位置でリターンをしなければならいため打ちづらくなります。

 

またホームポジションへの戻りも移動距離が長くなり、次のリターンが不利となる。

 

一言アドバイス
もし体格の関係などでサイドへの移動が1歩で出来ない場合は1.5歩移動する気持ちで動くようにしよう。そうすれば、サイドへ安定して移動できる。

 

このつぎ脚の利き腕と反対側の足を近づける動きが自然とできるようになってくると、この後に説明する前後へのフットワークも上達しやすくなってきます。なぜならば、体重移動をして動く感覚が身についているから。

 

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





未経験顧問が初心者

 

前方へ出る(ネット際への)フットワーク

1歩踏み出すだけで届かない位置へ打たれた場合は移動して止まってから打つのが、バドミントンの原則。移動するためには一時的に全体重を軸足にのせなければ、最初の1歩を踏み出すことはできません。

 

日常の中で意識していないと思いますが、歩くときに全体重を一瞬だけ片方の脚へ移すことによって歩いている。例えば右足を前に出すときは一時的に左足に自重がすべてのっているのです。

 

一言アドバイス
バドミントンのフットワークで前方へ出る場合は、この体重が左右の脚へ移動していることを強く意識してください。

 

ホームポジションで構えているときは、脚は肩幅より少し広めに開いておきましょう。そして前方へ出る場合は、進行方向と反対の脚に体重をかけてから移動すること。

 

さらに最後の一歩を着地させる瞬間は、必ずカカトから着地することを意識しましょう。移動距離を少なくしたいがためにホームポジションからの一歩目が小さく、二歩目を大きく踏み出して遠くに着地させようと脚を伸ばすと、つま先から着地する姿勢になりがち。

 

これは非常に危険でケガにつながる恐れがあり、前傾姿勢に崩れやすいためリターンしたあとホームポジションへ戻ることができないあまりかその場で転倒する恐れがあります。

 

実際に脚を伸ばしてつま先から着地する場合と、カカトから着地する場合とで比べてみてください。カカトから着地した方が安定することを実感することができるでしょう。

 

参考:バドミントンで打ち返せない初心者への基本動作指導のコツとは

 

コート奥(後方へ下がる)へのフットワーク

コート奥へのフットワークのコツは、ネット側から見た場合に半身になること。バドミントンを始めて間もない時期はこのことを意識すると後方へ下がりやすく感じられるでしょう。

 

この半身になることで動きやすく感じられる理由は、サイドのフットワークと同じになるから。もちろん正面を向いたまま下がれる方がシャトルは見やすいですが、シャトルの落下点まで移動できなければリターンができないので、慣れるまでは半身になることを意識しましょう。

 

またコート奥へ下がる際は利き腕の肩を引くことを意識して行いましょう。右利きの場合は右肩を引くことになる訳ですが、右肩を引いているときに左足の向きをネットと平行にすると、そのあとに続くフットワークの一連の動作がやりやすくなります。

 

 

バドミントンのフットワークの初期練習方法

フットワークの初期練習方法としては、サイドならサイドのフットワーク練習、前方へのフットワークなら前方へのフットワーク練習と分けて行う方がよいでしょう。

 

サイドのフットワーク練習を行う際はまずは、テンポよくフォアサイド⇒バックサイド⇒フォアサイド⇒バックサイドと練習すること。またホームポジションを通過する際は必ずリアクションステップを挟むことが大切です。

 

リアクションステップとは、その場で垂直に小さくジャンプする動作のことを指します。この動きをすることによって飛んでくるシャトルへタイミングを合わせることができるのと膝の屈伸運動を有効に使うことができるメリットがある。

 

前方へ出るフットワーク練習においてもフォア前⇒ホームポジション⇒バック前のステップを必ず踏むようにして、V字に動くことと、ホームポジションではリアクションステップを行いリズミカルな動きを意識することが大切になります。

 

最後にコート奥へのフットワークで意識して欲しいポイントはふたつ。

 

ひとつは、動き出しの時に軸足と反対の脚で床を蹴りだすことです。

 

もうひとつは、スイング後に必ずホームポジションへ戻ること。とくにふたつめは初心者のうちはシャトルを打ったあと身体が後ろへ流れてしまうことがあるので、意識的にホームポジションへ戻る動作をすることが重要となります。

 

参考:バドミントンのノック!初心者がすべきノックの仕方とは?

 

 

 

バドミントンのフットワークを上達させるために

バドミントのフットワークでは、正しいステップを体が覚えてしまうことが大切。試合中に、考えながらフットワークの足運びを行っていては、コート内での移動スピードはあがらない。

 

そのためには、反復練習が一番効果的と言えるでしょう。目標物(パイプ椅子など)を設置して、その目標物に向かって移動してラケットで確認(ラケットヘッドでパイプ椅子の座面にタッチする)しながら、繰り返し同じコースを動く練習方法がオススメ。

 

一言アドバイス
この際、足運びは実戦で用いるフットワークを取り入れてくださいね。

 

バドミントンの試合同様にシャトルを打つノック練習をしたいとは思いますが、フットワークの練習ではこうした地道な練習が不可欠です。まずは、足運びだけをとにかく意識しましょう。

 

また、フットワークのスピードアップは最終的な目標であって、慣れていないうちは遅い動きで正確なフットワークを意識すると良い。

 

同じ方法で目標点の置き方を工夫すると、前方のフットワークだけではなく、後方のフットワークも練習することが可能です。

 

前方のフットワークも後方も、はじめのうちはゆっくりと、1歩ずつ足の動きや歩幅を意識して動くようにして慣れてきたら徐々にスピードを上げること。

 

さらに、同じ距離での動きが無意識でもできるようになってきたら、目標点の距離を変え、足運びを確認してみてください。

 

バドミントンでは、その時々に応じた無数のフットワークパターンが想定される。

 

あなたのいる場所から見て、どこにショットが飛んで来るのかを見極めた瞬間、的確なフットワークでその場に移動する必要があるのです。

 

そのためには、こうした反復練習をし、試合になったら無意識に足が動くようにしておかなければならない。

 

フットワークの練習は、バドミントンの練習の中では最も地味となりますが、これができて初めてバドミントンのさらなるスキルアップの可能性が出てきます。

 

バドミントンのフットワークは、実戦練習の基本中の基本なので、ウォームアップ後の練習メニューとして取り入れると良いでしょう。

 

一言アドバイス
バドミントンの練習をする時にフットワークの確認をすると、実戦でもスムーズに動けるようになりますよ。

 

 

まとめ

 

バドミントンをスポーツとして行うのであれば今回とりあげたフットワークとラケットワークが重要になる。このことは以前の記事でも言及していますので、まだ読まれていない場合は必ず下記の記事も読んでくださいね。

 

参考:バドミントンで打ち返せない初心者への基本動作指導のコツとは

 

フットワークで動けるようになれば、バドミントンは格段に面白くなります。最初は素振り練習からになりますが、正しいフォームで動けるようになれば、そのあとの打ち分けであるラケットワークに集中できるようになるので、まずはフットワークを体に覚え込ませましょう。

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-フットワーク

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.