ショットの種類 スマッシュショット

バドミントンでスマッシュが浮く・球足が伸びるときの改善ポイント

投稿日:2018年10月10日 更新日:

 

バドミントンでスマッシュショットが浮くのは、誰しも嬉しいことではありません。理想のスマッシュとは、コート奥から打っても鋭角にフライト(飛行)して相手コートの床でワンバウンドするようなスマッシュが打ちたいものです。

 

スマッシュはネットの白い帯ギリギリを通過して、相手コートへ沈み込み、サイドラインぎりぎりのコースが打てれば最高。

 

一言アドバイス
この瞬間がバドミントンをプレーしていて、最高に気持ちいいですよね。

 

しかし、なぜかあなたのスマッシュは浮いてしまって、相手のコートへ沈まないという問題を抱えていないでしょうか?

 

今回はスマッシュが浮くことのないように打てるにはどうしたらいいか解説していきます。

 

 

参考教材:バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

 

バドミントンでスマッシュが浮く原因

 

バドミントンでスマッシュが浮く原因は主にふたつ考えられます。

 

ひとつは打点が低く、シャトルに対して角度がつけられない場合、もうひとつは、肘が伸びきってしまっている場合。どちらもシャトルのコントロールに対する自信の無さの表れだとも言えるでしょう。

 

またはネットにひっかけることに対して、大きな恐怖心を抱いていることが原因。

 

一言アドバイス
ネットにかけてミスをしてしまうことは決して良いことではないのは間違いありませんが、指導者がネットにかけてミスをする選手に対して罵声を浴びせる如く怒鳴りつけるのは、好ましくありません。

 

スマッシュを相手コートへ角度をつけて打てるようになるためには打点の見直しと、フォームの改善で解決することができます。

 

参考:バドミントンの旗打ち練習!正しいフォームの作り方と打ち方

 

 

バドミントンでスマッシュが浮くときの改善方法

フォームを見直す

スマッシュが浮く場合はまず、打点の位置を再確認することから始めましょう。一昔前は頭上でインパクト(シャトルがラケットに当たる瞬間のこと)させるという指導が主流でしたが、現在ではスイングスピードが落ちるうえに、肩を痛めると言われています。

 

一言アドバイス
インパクトのポイントを高くするために「腕が耳につくようにスイングしろ。」というのは古い考え。確かに打点が高くなりスマッシュも浮きませんが、ケガに繋がるフォームはやめましょう。

 

したがって、インパクトの位置は自分の体より前で、なおかつ自然な位置と高さでインパクトさせることが良い。しかし、このとき極端に打点が低すぎるのは好ましくありません。

 

では、理想的なフォームに近づけるために意識するべきことは何かというと肘の開き具合で、角度を言うなら110度~150度の間が良い。力みすぎると肘が縮こまり打点が低くなりやすいので、注意しましょう。

知らないアナタは一流にはなれません

他の人より絶対努力しているのに勝てない。その理由が分かりますか?

☑下半身を鍛える

☑ひたすら量をこなし反復練習をする

☑強い相手と練習試合をして実戦慣れする

これだけでは絶対に一流の選手にはなれないんです。その理由を知りたい人は下記のリンクをタップしてください。



バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介





未経験顧問が初心者

 

参考:バドミントンできれいなフォームで打つには?素振りで改善するポイント

 

アタック練習を行う

アタック練習とは、まずプレーヤーはネット前のサービスラインくらいに立ちます。ネットを挟んで反対側から、ノッカーに山なりの球をスマッシュの打ちやすいところに投げてあげましょう。

 

この練習の時に意識したいのは、先述したスマッシュのフォーム。このときに、体重移動や利き手と反対の動きなどまでこだわるのは止めましょう。

 

一度に複数のことを目的として練習すると、すべてが中途半端に終わってしまいかねません。したがって、ひとつのノック練習につき、練習目的はひとつか多くてもふたつまでと絞って練習をしましょう。

 

今回は打点と肘の角度についてを改善したいので、プレーヤーの反対側であるショートサービスライン付近に目標物を設置してやると、下向きに打つという意識が向きやすくなります。

 

一言アドバイス
目標物にシャトルが当たるか、一回跳ねて当たるようになれば、改善されたと判断してOK

 

これができるようになったら、実際にフットワークと組み合わせて動きながら、シャトルの落下点に入って打てるようになっているか確認練習しましょう。

 

アタック練習はオーバーヘッドストロークのフォームを学ぶためには、とてもいい練習。スマッシュが打てないと悩むときは、この練習をするといいでしょう。

 

下記の記事でもスマッシュの打ち方についてお伝えしていますので参考にしてみてくださいね。

 

参考:バドミントンでスマッシュが打てない多くの原因は手首・打点にある

 

 

まとめ

 

スマッシュが沈まない理由にはいくつかの原因があることもあれば、複数の要因が重なって沈まないのかもしれません。最後に挙げた確認練習でスマッシュが沈まないのであれば、シャトルの落下点でフォームが安定していないということになります。

 

その場合は、全てを一度にやろうとしないで、ひとつひとつ原因を潰していくことが上達への近道。

 

スマッシュが沈められないプレーヤーはスマッシュを打っても、ドライブでリターンされることが多くなり、逆に攻められることになります。

 

沈められるスマッシュも打てて、ドライブショット気味のスマッシュも打てるプレーヤーは相手選手は非常にシャトルの軌道を予測しにくくなる。

 

したがって、相手プレーヤーは簡単に攻められなくなります。そのほかにも、沈むスマッシュをレシーブする為には、立ち位置がネットから離れ過ぎると手が届きません。なので、相手プレーヤーもレシーブの立ち位置を考える必要が出てくる。

 

一言アドバイス
このように、スマッシュでもふたつのパターンで打ち分けられると、攻める戦略の幅が広がります。練習の中で意識してスマッシュを内訳できるようになれば試合でも相手選手を翻弄することができるでしょう。

 

 

上達しなければ返金します‼

インターハイ常連校の練習方法が収録されたDVDバドミントン上達革命が好評販売中‼

バドミントン上達革命の口コミはこちら⇒バドミントン上達革命は中古で買うな!バドミントン上達革命の評判・口コミを紹介

  公式サイトへは下記バナーをタップ!   
【ヘッダー用】バドミントン上達革命

-ショットの種類, スマッシュショット

Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.